\ フォローしてね /

アプリコットジャムがポイント!ザッハトルテの作り方

ザッハトルテはチョコレートケーキの女王とも呼ばれています。オーストリアのウィーンで1832年に、弱冠16歳のお菓子職人フランツ・ザッハによって考案されたことからその名が付きました。

熟練のケーキ職人のザッハトルテのように見た目の素晴らしいケーキはなかなかできないものですが、レシピはいたってシンプルで、味もなかなかのものです。

しっとりしたチョコレートケーキにアプリコット(杏)ジャムのほのかな酸味が良く合います。

材料(直径24cmの型1個分)

ケーキ本体の材料

  • 薄力粉:150g
  • スイートチョコレート:150g
  • 砂糖:150g
  • バター:150g
  • 卵:5個(常温に戻しておく)
  • バニラエッセンス:適量

デコレーション用の材料

  • スイートチョコレート:200g
  • 砂糖:200g
  • 水:100ml
  • アプリコットジャム:320g

作り方(調理時間:120分)

STEP1:オーブンシートを敷く

ケーキ型にバターを塗り、オーブンシートを敷きます。

STEP2:卵黄と卵白を分ける

卵は全て、卵黄と卵白に分けておきます。

STEP3:チョコレート、バターを溶かし混ぜ合わせる

チョコレートは電子レンジまたは湯煎で溶かしてください。バターも電子レンジで溶かして下さい。溶かしたバターとチョコレートをボウルで混ぜ合わせチョコレートクリームにします。

STEP4:バター、チョコレート、卵黄を混ぜ合わせる

そのままチョコレートクリームを少し冷まして、卵黄を加えて混ぜます。

チョコレートクリームが熱いときに卵黄を混ぜると、卵黄が固まってしまいます。人肌くらいまで冷めるのを待ってから卵黄を混ぜてください。

STEP5:卵白を泡立てる

卵白をハンドミキサーで泡立てます。透明な卵白が気泡を含み白っぽくなったら、砂糖を少しずつ加えながら、硬く泡立つまで(角が立つ程度まで)続けます。

STEP6:チョコレートクリーム、卵白、薄力粉を合わせる

泡立てた卵白をSTEP4のチョコレートクリームと混ぜ合わせます。そこにふるった薄力粉を加え、混ぜ合わせます。

STEP7:180度に予熱したオーブンで約30分焼く

あらかじめシートを敷いておいたケーキ型に流し込み、180度に予熱したオーブンで約30分間、ケーキに竹串を刺して何もついてこない状態になるまで焼きます。

焼き時間はオーブンによって違うので、調整してください。

STEP8:ケーキ型から外し、半分の高さで切る

焼き上がったら5分間、ケーキ型に入れたまま休ませた後、型から取り出して冷まします。

シートを敷いてあるので、ケーキ型をひっくり返すだけでケーキは外れます。

ケーキが冷めたら、アプリコットジャムを挟むため、ケーキの高さの半分の所で切ります。

STEP9:アプリコットジャムを塗る

ケーキの断面にアプリコットジャムを塗り、残りのケーキ半分で覆います。さらに上面、側面にもアプリコットジャムを塗り、そのまま30分程乾かします。

ジャムが固めの場合、小鍋で温め、こし器を通してからケーキの上面と側面にジャムを塗ります。ジャムが緩い場合、そのままで上面と側面にもジャムを塗ります。

STEP10:チョコレートを刻む

デコレーション用のチョコレート200グラムを細かく刻みます。

STEP11:水と砂糖を火にかける

鍋にデコレーション用の材料の水と砂糖を入れ、中火で2〜3分沸騰させて下さい。

STEP12:刻んだチョコレートを加える

STEP11の火を止めて、刻んだチョコレートを加え、かき混ぜながらチョコレートを溶かし、チョコレートのグラサージュにします。

STEP13:チョコレートグラサージュでケーキを覆う

まんべんなく全体を覆うようにケーキの上にチョコレートグラサージュをかけたら完成です。

作り方のコツ・注意点

本来、ザッハトルテには、ベーキングパウダーを使いません。つまり、卵白の泡立てがきちんとできないとケーキが膨らまないのです。それをクリアすれば、想像以上に簡単に出来ます。

おわりに

お好みで、ホイップした生クリームを添えてもいいですね。是非作ってみて下さい。

(image by 著者)

このライフレシピを書いた人
Banner line

編集部にリクエスト!

「こんなライフレシピがほしい」や「ここがわかりにくかった」などをお送りください。