\ フォローしてね /

うどんに金毘羅山!日帰りで名物を押さえる香川県旅行の体験談

讃岐うどんやこんぴらさんなど、名物名所がたくさんある香川県。今回は筆者が香川県へ旅行した時の体験談を紹介します。

筆者が経験した香川県旅行の概要

  • 旅行時期:2008年8月中旬
  • 旅行日程:日帰り
  • 誰と行ったか:友人
  • 移動手段:レンタカー
  • 訪れたエリア:屋島、琴平町

旅行詳細

屋島

朝からレンタカーで移動を開始しました。

写真は源平の合戦の舞台「屋島」です。ここは、国語の教科書でも有名な「扇の的」のお話があったところとしてよく知られています。一ノ谷の合戦、屋島の合戦と敗走を続けた平氏は、この後山口県の壇ノ浦で最期を迎えます。

遠くから見ると、きれいな台形の溶岩台地がとてもきれいで、「あれが屋島か!」とすぐにわかります。「屋島ドライブウェイ」という有料道路を使って上陸します。

ここから見る瀬戸内海は意外と雑然としていて、まさかここで源平の合戦が行われていたとは思えません。しかし、そんな土地に自分がいるということは感動でした。

有料道路について:屋島ドライブウェイ

屋島寺

頂上にのぼると、お遍路さんの札所にもなっている「屋島寺」が見えてきます。

教科書でも有名な鑑真や空海、源平の合戦ともゆかりの深い寺です。日差しが厳しかったので宝物館を見学しつつ休憩をとりました。平安時代の仏像や源平合戦の遺品由緒正しい品が多く展示されているので一見の価値があると思います。

詳細:屋島寺

讃岐うどん

昼食は名物の讃岐うどんをいただきました。

筆者が入った店は、うどんにのせる大根を自分で好きなだけおろしてのせることができるというのが売りでした。

たくさんおろしていざ食べてみると恐ろしく辛い!よく店内を見ると「夏の大根はとても辛いよ」の注意書きがありました。よく読んでおけばよかったです。

讃岐うどんの店:小縣家

金刀比羅宮

次の見学場所は「金刀比羅宮(ことひらぐう)」です。古くから「さぬきのこんぴらさん」と地元の人に愛されている、全国的にも有名なお宮です。

午後1番の参拝になったのですが、暑いうえに階段が多くて大変です。駐車場で無料で貸し出しをしている、麦わら帽子と杖を活用して、なんとか700段を超える石段を制覇しました。非常に気持ちいい汗をかきました。

立派なお社が建っていて、歴史を感じます。写真のお宮よりもさらに階段を上った先にある本宮では、黄色いお守りを売っています。幸福を呼ぶお守りとして有名ですのでお土産にいいかもしれません。

旅行の良かったところ・イマイチだったところ

良かったところ

歴史的にも有名な場所が多く、興味深く旅行をすることができました。

源平の合戦は日本史でも有名なできごとです。特に、「扇の的」は古文の教科書に載っていた有名な話でしたので、1度は行ってみたかった場所でした。今回、実際に行くことができてよかったです。

また、こんぴらさんは「一生に一度は参れ」と言われるほどの有名なお宮です。具体的にどうという説明はつきませんが、非常に空気が清々しく体の中がすっきりしました。

イマイチだったところ

特にありません。気持ちよく旅行することができました。

これから香川県旅行に行く方へアドバイス

うどん屋はアクセス・営業時間をチェック

うどん県として有名な香川県ですが、おいしいと評判のうどん屋は公共交通機関ではまわりづらいところにある場合も多いです。

また、営業している時間が極端に短いお店も多いので、レンタカーを借りて時間短縮しながら旅行するのがお勧めです。

夏は日焼け対策を

真夏なのでとても暑く、日焼け対策が必要でした。荷物が増えてしまいますが、ストールや日傘などで日差しが当たらないように気を付けることをお勧めします。

おわりに

たった1日の滞在でしたが、香川県といえばこれ!という観光地を楽しむことができました。四国は高速も充実しているので、他県と抱き合わせにした観光旅行もできると思います。

ぜひ香川県を訪れてみてくださいね!

(image by 筆者)

このライフレシピを書いた人
Banner line

編集部にリクエスト!

「こんなライフレシピがほしい」や「ここがわかりにくかった」などをお送りください。