\ フォローしてね /

味付不要!鍋ひとつ!「菜の花とツナのパスタ」の作り方

今回は菜の花の季節になると食べたくなる「菜の花とツナのパスタ」の作り方を紹介します。

ツナと塩昆布の旨みが効いているので味付不要です。パスタと菜の花を同じ鍋で茹でるので、洗い物も少なくて済んで助かりますよ。

材料(2人分)

  • 菜の花・・・100グラム
  • パスタ・・・200グラム
  • ツナ缶・・・1缶
  • 塩昆布・・・5~6グラム

作り方(調理時間:10分)

準備

鍋に1リットルのお湯を沸かしておきましょう。

STEP1:パスタを茹でる

沸騰した湯1リットルに大さじ1の塩(分量外)を入れ、中火でパスタを茹でます。

火力は最後まで中火のままです。

STEP2:菜の花を切る

菜の花は半分に切り、根元と花の部分とに分けておきます。

STEP3:菜の花を加え、茹でる

パスタが茹であがる1分前に菜の花の根元を加え、1分茹でます。1分経ったら花の部分を加え、さらに30秒茹でます。

STEP4:水切りする

ざるにあげ水切りします。

STEP5:ツナ・塩昆布を和える

ボウルにSTEP4と塩昆布・油を軽く切ったツナ缶を入れ和えます。

STEP6:完成!

完成です。お好みでオリーブオイルをかけてお召し上がりください。

作り方のコツ

菜の花は茹ですぎると味が落ちるので、茹で始める前にパスタの堅さをチェックしておきましょう。

1本食べてみて若干、芯があるくらいまで茹であがっていれば菜の花を加えましょう。

春らしい優しい味のパスタです。菜の花が美味しい時期に是非、お試しくださいませ。

(image by 筆者)

このライフレシピを書いた人

編集部にリクエスト!

「こんなライフレシピがほしい」や「ここがわかりにくかった」などをお送りください。