\ フォローしてね /

子どもの日に作ろう!フライパンだけで出来るちまきのレシピ

竹の皮のかわりにトレッシングペーパーを使ってちまきを作りました。蒸し器や圧力鍋も不要。フライパン1つで作れます。

材料(6人分)

  • もち米・・・3カップ
  • 干しシイタケ・・・3~4枚分
  • 豚肉・・・150g
  • 人参・・・3分の1本
  • タケノコの水煮・・・100g
干しシイタケはスライスしてあるものを使いました。戻し時間も短くなるので便利です。
豚肉は薄切りでもブロックでも構いません。チャーシューを用意できれば時短になります。

豚肉の下味

  • しょうゆ・・・小さじ1
  • 酒・・・小さじ1
  • しょうが汁・・・小さじ1(チューブのしょうがでOK)
チャーシューを使用する場合はこの材料は不要です。

だし汁

  • シイタケの戻し汁+水・・・2カップ(200cc)
  • しょうゆ・・・大さじ1
  • 酒・・・大さじ1
  • 砂糖・・・大さじ1
  • とんかつソース・・・大さじ1
  • 塩・・・小さじ2分の1

作り方(調理時間:60分)

STEP1:もち米を洗って水に浸す

もち米を濁らなくなるまで水で洗い、多めの水の中に入れて20分間浸します。

STEP2:シイタケを水に浸す

干しシイタケを2カップの水に入れて、こちらも20分くらい浸します。筆者はスライスしてある干しシイタケを使っています。

まるごとを使う人は、柔らかくなってからスライスしてください。

STEP3:たけのことニンジンを切る

人参と水煮タケノコを小さめの短冊状に切ります。

STEP4:豚肉を切って浸す

しょうゆ、酒、しょうが汁を合わせた漬け汁に細かく切った豚肉を浸します。シャーシューを使う場合はこの工程は不要。1センチ角に切りそのまま使います。

STEP5:もち米と干しシイタケの水を切る

20分経ったらもち米と干しシイタケは水を切ります。干しシイタケの戻し汁は捨てないでください。

STEP6:だし汁を合わせる

シイタケの戻し汁に水を足して200ccにし、しょうゆ、酒、砂糖、ソース、塩を混ぜ合わせます。

STEP7:肉を炒める

フライパンに油(分量外)をひいて、色が変わるまで肉を強火で炒めます。

STEP8:野菜を入れる

肉の色が変わったら、シイタケ、ニンジン、タケノコを入れて強火のまま炒めます。

チャーシューを使う場合は、シイタケ、ニンジン、タケノコと同時に炒め始めてOKです。

STEP9:もち米を入れる

野菜や肉に火が通ったら、水切りしたもち米を入れて軽く炒めます。

STEP10:だし汁を入れる

だし汁を入れて煮詰めます。水分がなくなったら火からおろします。

STEP11:クッキングペーパーに包む

30cm四方に切ったクッキングペーパーの中央に6分の1の量のご飯を乗せます。

STEP12:上下を山折りにする

下3分の1のところをご飯の上になるように谷折りし、上3分の1のところをご飯と下の紙がかぶさるように谷折りします。

STEP13:鯉のぼりタイプを作る

右端を1センチずつ2回下側になるように山折りし、中央をホチキスで留めます。左端も同じように2回に山折りしてホチキスで中央部分を留めます。

STEP14:リボンタイプを作る

リボンタイプはご飯を乗せた端を回るようにひねり、中央をホチキスで留めます。左右両側しっかりやりましょう。STEP1~14を6個分繰り返します。

STEP15:フライパンに並べる

ステップ13や14で作った袋をフライパンに並べて水を1カップ(分量外)入れます。ふたが閉まるのであれば重ねるように6個分まとめて入れてしまってもOKです。

もち米が入った袋が水で水没しないくらいの水の量にしてください。袋は上下を逆さまに置かないようにしないように注意しましょう。

STEP16:ふたをして蒸す

ふたをしてから強火にかけて、沸騰したら火を弱め15分ほどで完成です。

途中水がなくなったら足してください。火加減は軽く沸騰する程度です。

STEP17:お皿によそって完成!

鯉のぼりの絵を描いたりリボンをつけるとかわいくなります。

作り方のコツ

今回はクッキングペーパーを使ってのちまきですが、このレシピで竹の皮に包んで蒸せば本格的なちまきになります。

時間がなかったり蒸し作業が不安な人はSTEP9で炒めたあと、だし汁と一緒に炊飯器に入れてスイッチを入れれば失敗しません。

(image by 筆者)

このライフレシピを書いた人
Banner line

編集部にリクエスト!

「こんなライフレシピがほしい」や「ここがわかりにくかった」などをお送りください。