\ フォローしてね /

「カリオストロの城」の名シーンを再現!ミートボールスパゲッティの作り方

スタジオジブリのアニメは、美味しそうな料理が出てくることでも有名です。夜中に映画を見ていて、ついお腹が空いてしまう方も多いのではないでしょうか。有名なシーンをあげるときりがありませんが、ここでは、宮崎駿監督作品の映画「カリオストロの城」でルパンと次元が取り合って食べていたスパゲッティを再現してみました。
nanapi
nanapi
nanapi
nanapinanapinanapi
  • 再現レシピ

    「カリオストロの城」でルパンと次元が奪い合うように食べていたあのミートボールスパゲティを再現!

  • 赤ワインにぴったり

    スパイスの効いたミートボールに仕上げるから大人でもおいしい!

  • アレンジも楽しい

    ミートボールにチーズを入れるなどアレンジをきかせるのもオススメ!

スタジオジブリのアニメは、美味しそうな料理が出てくることでも有名です。夜中に映画を見ていて、ついお腹が空いてしまう方も多いのではないでしょうか。

有名なシーンをあげるときりがありませんが、ここでは、宮崎駿監督作品の映画「カリオストロの城」でルパンと次元が取り合って食べていたスパゲッティを再現してみました。

材料(3人分)

ミートボール

  • 合挽き肉:400g
  • 卵:1個
  • オールスパイス:小さじ1/2
  • 塩:小さじ1/3
  • ナツメグ:適量
  • 胡椒:適量
合挽き肉は牛と豚の割合が7:3のものを使います。スパイス類はなくても作れますが、ミートボールにスパイスの風味をつけておくとより美味しくなります。

ソース

  • トマト缶:1缶
  • 玉ねぎ:1/2個
  • しめじ(マッシュルームやシイタケでも可):1/2パック
  • 赤ワイン:大さじ1
  • ウスターソース:大さじ1
  • 砂糖:小さじ1
  • 塩、胡椒:適宜

パスタ

  • パスタ:350g
  • 塩:お湯1Lに対して大さじ1

作り方(調理時間:45分)

STEP1:挽肉をこねる

挽肉と卵、スパイスをボウルに入れます。

粘りが出るまでしっかりとこねます。

STEP2:ミートボールを作る

直径1.5~2cmくらいを目安に挽き肉を丸めて、ミートボールを作ります。

サラダ油を少々手に塗って丸めると、きれいに作ることができます。またお皿にクッキングペーパーを敷いてそこに並べると、あとの洗い物が楽になります。

STEP3:野菜を切る

にんじん、玉ねぎ、しめじをみじん切りにします。

STEP4:玉ねぎとにんじんを炒める

フライパンでサラダ油を熱し、弱めの中火で玉ねぎを炒めます。3~5分程度、玉ねぎがしんなりとするまで炒めます。

そのあと、にんじんを入れ、にんじんが軽く透き通るまで、弱めの中火で1~2分程度炒めます。

STEP5:トマト缶を煮る

トマト缶と赤ワインを入れて、中火で煮立たせます。なじむまで軽く混ぜながら、2分ほど煮込みます。

STEP6:しめじを煮る

しめじを入れて、中火で1分程度火を通します。

STEP7:ミートボールを煮る

ミートボールの形が崩れないようにフライパンに入れて、ミートボールが半分程度浸かる程度に水を加え、弱めの中火で煮ていきます。

あまりいじらずに、15分程度煮ていきます。途中であおって、ミートボールの全面に火が通るようにします。

いじり過ぎるとミートボールが崩れてしまいますので、あまり触らないようにします。

STEP8:ソースを入れる

ウスターソースと砂糖を入れ、ミートボールが崩れないように大きく混ぜて、ふつふついう程度の弱火で、さらに10分ほど煮ます。

塩、胡椒で味を調えたら火を切り、パスタを茹でるお湯が沸くまで、しばらく休ませます。

STEP9:パスタを茹でる

たっぷりのお湯に塩を入れ、パスタを茹で始めます。

茹でる時間は、袋に書いてある時間から少し短めにします。1.6mm のパスタだと、袋には7分と書いてあることが多いと思いますが、6分20秒くらいが目安です。

STEP10:ソースを温める

パスタを茹で始めたら弱火でソースを温めて、パスタの茹で上がり2分くらい前になったら、ミートボールを取り出して、パスタの茹で汁をお玉1杯程度フライパンに入れます。

STEP11:パスタを和える

茹で上がったパスタをフライパンに入れ、オリーブオイルを少々まわしかけて、フライパンをゆすりながら菜箸かトングで激しくかき混ぜます。

STEP12:出来上がり!

気持ち小さめのお皿にパスタをこんもりとよそって、取り出しておいたミートボールをお皿のふちに並べるようによそって出来上がりです。

作り方のポイント

味ももちろん大切ですが、アニメの再現なので何といっても見た目がとても大切です。

  • ミートボールを小さめにきれいに丸める

1.5~2cmくらいを目安にして、なるべく大きさをそろえてきれいに丸めてください。

ミートボールは、お皿の周りを一周するだけの数は用意してください。300g くらいあれば、26cmのお皿を一周するくらいの分量は作れます。

  • パスタは多めに用意します

やや小さめのお皿に山盛りにしてください。山盛りにしたパスタの周りに、ミートボールをぎっしりと並べます。

  • パスタと和えるときには、ミートボールを取り出す

せっかくきれいに丸めたのに、崩れちゃいますからね。ちょっと面倒ですが和える前に取り出します。

調理に関してのポイント

レシピのご紹介なので、料理についてもポイントをいくつか書いておきます。

  • 牛:豚=7:3

合挽き肉は牛と豚の割合が7:3のものを使います。牛肉の比率を多くすることで肉の味がしっかりした美味しいミートボールになります。

5:5の割合のものしか売っていない場合には、5:5の合挽き肉と、牛100% の挽き肉を混ぜて使います。

  • 味付けにウスターソース

味付けにはウスターソースを少々使います。いろいろな野菜や果物をじっくりと煮込んで作るソースを使うことで、簡単に深みのある味つけができます。

  • 味を落ち着かせる

ソースを煮込んだ後、しばらくおいて味を落ち着かせてください。作った翌日のカレーが美味しいのと同じ理屈です。

なり切って豪快に食べてみよう

一番のポイントは、映画を見てから食べることかもしれません。お子さんに映画を見せた後、知らんぷりをして普通に出しましょう。「おおっ、映画の!」って気が付いてくれないと寂しいんですが。

ちょっとお行儀が悪いですが、ルパンや次元になったつもりで、わさわさと取り合って食べてください。

(image by 筆者)
(image by nanapi編集部)

このライフレシピを書いた人

Twitterで紹介!

Banner line

編集部にリクエスト!

「こんなライフレシピがほしい」や「ここがわかりにくかった」などをお送りください。