\ フォローしてね /

ペットと一緒にのんびり旅!岡山県旅行の体験談

せっかくの楽しい旅行、愛犬を連れて行ってあげたい…と思う方も多いのではないでしょうか?でも、ペット連れでOKという観光スポットって意外に少ないんですよね。

筆者は、愛犬を連れて岡山県に旅行に行ってきました。ここでは、ペットと一緒にのんびり過ごせる岡山県のスポットをご紹介します。

経験した牛窓町旅行の概要

  • 旅行時期:2011年6月
  • 旅行日程:1泊
  • 誰と行ったか:夫婦・愛犬(小型犬1匹)
  • 移動手段:車
  • 訪れたエリア:瀬戸内市牛窓町・赤磐市

ワンちゃんと泊まる宿 ライハナ

筆者たちは「ワンちゃんと泊まる宿 ラハイナ」に宿泊しました。全室オーシャンビューでペットと同室に宿泊することができます。チェックインの前には記念撮影もしてもらえます。

筆者が宿泊した部屋の広さはバス・トイレ付きのツインタイプでした。人間用のベッドの上へ乗せてはいけないので、愛犬がいつも愛用しているマットやベッドなどを持っていきました。

部屋にはペットシーツ・消臭剤・粘着ローラーが完備されています。

宿泊料金について

大人1名11880円×2名+ペット料金1050円で宿泊しました。

ペットの大きさによって宿泊料金は変動しません。

食事について

食事は海の見えるテラスでBBQをしました。BBQは本格炭火焼きで季節のお野菜やお肉など、満足できる質と量でした。また、チェックインの際に撮影した写真は、このときの自家製BBQソースの瓶に貼って、お土産にできます。

同じ日にお泊りに来ていた他のお客さんのワンちゃんたちとも触れ合えますよ。

時期によっては海の幸など地元でとれた食材を焼いて食べることができるそうです。(筆者が旅行した季節はありませんでした)

この宿を選んだ理由

インターネットで愛犬と泊まれる宿を探す際に、筆者が条件として考えていたことは以下の3点です。

  • 同じ部屋で就寝出来ること
  • 朝晩の食事が愛犬同伴可能なこと
  • 犬がおもいっきり走れる施設があること

こちらの宿はすべて希望をクリアしていたので、宿泊先に決めました。

2つ目のポイントについてはペット用の食事を用意して頂くことも可能です。筆者はワンちゃん用ポトフ(500円)を注文しました。

3つ目のポイントは宿泊先が管理するドッグランがありました。しかも広さが800坪!!全面芝生なので怪我をする心配もありません!

ドイツの森

2日目は朝にチェックアウトを済ませ、ドイツの森へ出発。宿泊施設から40分程度で到着し、お昼にはドイツビールやソーセージをいただきました。

園内にはペットを連れて入ってOKなので、乗り物以外にもお散歩コースも素敵でした。

ドイツの森では主に、花を鑑賞したり、愛犬を散歩させたり、ボール遊びをしたりしました。

また園内では汽車の乗り物、ゴーカート、自転車、ボートなどなど、沢山の遊びが体験できます。お子様連れの方はいろいろな乗り物や動物もいるので、楽しめると思います。

ドイツビールとソーセージは色々な種類があり、お土産もありました。

入場料は一般大人1名800円です。(犬は無料)

注意点

愛犬と連れて行く場合、ドイツの森では下記のような注意が出ていますので参考にして下さい。

  • 園内ではリードを必ずつけてください。
  • 園内ではワンちゃんを絶対に放さないでください。
  • リードは伸縮性のないものに限らさせていただきます。
  • フンなどの処理は絶対に飼い主様の責任で処理してください。
参考:ドイツの森

ドイツの森での食事について

ペット連れだったので、通常のお店には入れませんでした。しかし、屋台やファーストフード店など、テイクアウトできるお店も結構あったので、そちらで食事をすることができました。

実際に筆者が食べたものは以下です。

  • ドイツ地ビール(ミュンヘン)500円
  • ドイツ地ビール(ピルスナー)500円
  • 自家製ソーセージ350円
  • ジャーマンドッグ500円
  • フライドポテト250円
屋台の近くには机やイスも完備されているので、晴れていればそちらで食べることができます。

旅行の良かったところ・イマイチだったところ

良かったところ

牛窓町はとても長閑で、ペットをつれてのんびり休日を過ごすにはもってこいの町でした。

ドイツの森では園内に咲く花がとても綺麗でしたので、旅行されるには春から夏にかけての時季が良いと思います。

イマイチだったところ

梅雨の時季だったので、宿泊した日は少し雨が降って、景色もかすんで綺麗な海が見えなかったのが残念でした。

ドイツの森では閉店している店舗もあり、買い物メインで旅行される方にはイマイチだとおもいます。

これから牛窓町へ旅行に行く方へアドバイス

旅行へ行かれる季節は春から夏がお勧めです。

ドイツの森での筆者のお勧めは牧エリアで咲く約50万本のポピーです。見ごろ予想は、5月下旬~6月上旬だそうです。

おわりに

ペットと一緒にのんびり牛窓町を旅してみませんか?愛犬との絆もきっと深まると思います!

(image by 筆者)

このライフレシピを書いた人
このライフレシピに関係するタグ
Banner line

編集部にリクエスト!

「こんなライフレシピがほしい」や「ここがわかりにくかった」などをお送りください。