\ フォローしてね /

じっくりと焼いたソーセージが美味しい!ソーセージとキャベツのオイルパスタの作り方

塩味のパスタではベーコンを使うのが定番ですが、スライスベーコンだと肉の感じが物足りないときがあります。ブロックのベーコンを使えばよろしいのですが、特にベーコンがお好きな方以外は常備されていないかと思います。でも、ソーセージなら常備されている方は多いのではないでしょうか。

ここではベーコンの代わりに粗挽きソーセージを使った、塩味のパスタの作り方をご紹介したいと思います。

材料(3人分)

  • ソーセージ:4本
  • キャベツ:3枚程度
  • にんにく:1片
  • パスタ:300g
  • 粗挽き黒胡椒:適宜
  • パルメザンチーズ:適宜
  • オリーブオイル:大さじ2
  • 塩:お湯1リットルに対して大さじ1
ここでは粗挽きソーセージを使用しました。

作り方(調理時間:15分)

STEP1:材料を切る

キャベツは芯を取って、1cm幅くらいの短冊切りにします。

ソーセージは、5mmくらいの厚さで斜めにスライスします。

にんにくはみじん切りにします。

STEP2:ソーセージを焼く

温めたフライパンにオリーブオイルを少々ひき、弱めの中火でソーセージを焼きます。

両面に焼き色がつくまで、2~3分ほど焼きます。

片面を焼き終わったら、STEP3に移行して同時進行でパスタを茹で始めます。

STEP3:パスタを茹で始める

たっぷりのお湯に塩を入れ、パスタを茹で始めます。

茹でる時間は、袋に書いてある時間から少し短めにします。1.6mm のパスタだと、袋には7分と書いてあることが多いと思いますが、6分20秒くらいが目安です。

STEP4:にんにくをローストする

火を弱火にし、オリーブオイルを入れて、フライパンを傾けてにんにくをローストします。

きつね色になるまで、2分ほど火を通します。

STEP5:茹で汁を入れる

パスタの茹で汁をお玉1杯程度入れて、にんにくが焦げるのを止めます。

STEP6:キャベツを炒める

キャベツを入れ、オイルを絡める程度に中火で30秒ほど炒めます。

ここでちょうどパスタが茹で上がる時間になっていると思います。パスタの茹で上がりまで時間があるようなら一旦火を切って、茹で上がりに合わせて火を点けて温めます。

STEP7:パスタを入れて和える

茹で上がったパスタを入れ、オリーブオイルを少々まわしかけて、茹で汁をお玉1杯入れ、中火にかけたまま菜箸かトングで激しくかき混ぜます。

STEP8:黒コショウで味を調える

黒胡椒を振って、ざっと和えます。ソーセージの塩気があるので、塩は足さなくて良いと思います。

STEP9:出来上がり!

お皿によそって出来上がりです。お好みでパルメザンチーズをかけていただきます。

作り方のコツ

ソーセージを斜めにスライスして、焼き目がつくまでじっくりと焼くことがポイントです。斜めにスライスすることで、肉の食感が増し、少ない量でも満足感が得られます。

おわりに

やや塩味を控えめにした味付けです。物足りない方は、最後の仕上げの段階でしょう油を小さじ半分ほど入れて和えると、風味がついて美味しいと思います。

簡単に作ることができますので、試してみてください。

(image by 筆者)

このライフレシピを書いた人

編集部にリクエスト!

「こんなライフレシピがほしい」や「ここがわかりにくかった」などをお送りください。