\ フォローしてね /

花見なんて面倒くさい!インドアなお花見の楽しみ方

あたたかくなり、いよいよ桜の咲くシーズンです。周囲が「お花見しよう!」と盛り上がるなか「外に出て花見なんて、面倒くさいな…」となかなか重い腰があがらない人もいるのではないでしょうか?

お花見をするならば、日時を決め、レジャーシートやお酒、食べ物を用意し、場所まで確保しなくてはなりません。ズボラさんにとっては一苦労です。そこで今回は、お花見にいかなくても気分だけ楽しめるお花見の方法をご紹介します。

初級編:室内で春気分を味わう

待受画面を変える

簡単に、そして手っ取り早く花見気分を取り入れる方法は、携帯電話やスマートフォンの待受画面を変えること。見慣れている画面が春モードに切り替わるので、いつでもどこでもお花見気分です。

また、普段よく使うパソコンのデスクトップも桜仕様に変えてみると、春っぽくお花見気分を味わえます。

桜の絵を書く

ネットで見つけた写真を頼りに、色鉛筆やクレヨン、クーピーを使って桜の絵を書いてみるのも楽しいですね。ある意味お花見へ行っている人よりも桜を眺めることになるので得した気分です。

「絵が下手だから書けない~」という人には、塗り絵をオススメします。ネットにはさまざまな桜の塗り絵が載っていますよ。家でプリントアウトして気軽に塗り絵を楽しめます。

中級編:購入して春気分を味わう

桜石鹸を買う

「どうせならお洒落にお花見気分を味わいたい!」という方にオススメなのが花びらの形をした紙石鹸です。花びらを手に乗せて手を洗うことができます。見た目も可愛いので、グラスの上に乗せて洗面所に置いておくのもお洒落ですね。

桜キャンドルを買う

桜の香りのするキャンドルです。火を灯してゆっくり目を閉じるとあら不思議。気持ちはすっかり桜のもとです。優しい桜の香りに包まれて、お花見の夢を見ましょう。

桜ネイルをしてもらう

花より団子、団子よりお洒落。この爪でスーパーで花見団子でも買ってきて食べれば、心はもう桜の木の下。爪に満開の桜がいくつも咲いているなんて素敵ですね。

上級編:無理やり春気分を味わう

桜の動画を見る

眠くなるような癒やし音と共に、夜桜の映像が流れます。通常のお花見と違って、外出することもないので疲れません。パソコンの画面越しにぼーっと眺めるのだって十分お花見です。

桜吹雪をつくる

紙と扇風機を用意して、桜吹雪をつくる方法です。「…ここまでするなら、お花見に行ったほうがよくない?」と思う人もいるかもしれませんね。しかしそれは違います。外に出向く花見と違い、室内花見では場所をとる必要も、時間を指定する必要もありません。紙吹雪をつくるくらい、どうってことはありません。

より本格的に桜吹雪を演出したい人には…桜の花びらの穴あけパンチが販売されています。ピンクの画用紙をサクラパンチではさみ、花びらをつくって床にばらまくことで、室内を花びらの吹き溜まりにすることもできます。

外で眺めるだけが花見じゃない!

日程を決めて場所を確保し、ビニールシートを敷いてお酒を飲みながら桜を眺めることだけが「花見」ではありません。

もっとラクにインドアに、そして適当に桜を楽しむことも立派な「花見」です。それでは、素敵なお花見を!

(image by 足成)

このライフレシピを書いた人
このライフレシピに関係するタグ

編集部にリクエスト!

「こんなライフレシピがほしい」や「ここがわかりにくかった」などをお送りください。