\ フォローしてね /

ドレッシングの基本の「き」!フレンチドレッシングとニース風サラダの作り方

最近は色々なドレッシングが売っていて、どれも美味しそうで何を買うか迷ってしまいます。でも、ちょっとの手間で美味しいドレッシングを手作りすることができます。

基本的なフレンチドレッシングの作り方と、それを使ったニース風のサラダの作り方をご紹介します。

材料(2~3人分)

フレンチドレッシング

  • オリーブオイル:大さじ3
  • 酢:大さじ1.5
  • 砂糖:ふたつまみ
  • 塩:ひとつまみ
  • 胡椒:少々
  • 練り辛子:少々
オリーブオイルと酢の割合を、2:1 にしてください。

サラダ

  • レタス:4枚程度
  • トマト:1個
  • 卵:2個
サラダの材料はお好きなもので構いません。葉物野菜と卵は必須です。

作り方(調理時間:15分)

調理時間のほとんどは、茹で卵を作る時間です。

STEP1:茹で卵を作ります

堅茹での茹で卵を作ります。筆者は、小鍋に1cm程度水を入れ、フタをして強火にかけて5分、火を切って7分放置して作ります。

一番時間がかかる茹で卵を最初に作り始めます。茹でている間に、他の材料を処理します。

STEP2:材料を切る

レタスは適当な大きさに手でちぎります。

トマトは四等分してスライスします。

卵が茹で上がったら、殻をむいてざく切りにします。

STEP3:ドレッシングを作る

オリーブオイル以外の材料をボウルに入れてよく混ぜます。

オリーブオイルを 3~4回に分けて入れて、その都度、よくかき混ぜます。

STEP4:サラダと和える

サラダの材料をボウルに入れて、ドレッシングをかけまわし、両手で空気を入れるようにしてふわっと和えます。

STEP5:出来上がり

器によそって出来上がりです。

作り方のコツ・注意点

ドレッシングを作るときに、オリーブオイルを一度に入れるのではなく、何回かに分けて入れて、その都度、よくかき混ぜることがポイントです。

こうすることで油の粒子を小さくし、本来は分離するはずの油と水(酢)を混ざったままの状態(乳化)にしておくことができます。

小振りな泡だて器があると、混ぜるのが楽チンです。

おわりに

茹で卵の黄身がドレッシングとなじんで、とても美味しいです。茹でたジャガイモやアンチョビのフィレなどを足すと、より本格的になります。

簡単に作ることができますので、是非、試してみてください。

(image by 著者)

このライフレシピを書いた人

編集部にリクエスト!

「こんなライフレシピがほしい」や「ここがわかりにくかった」などをお送りください。