\ フォローしてね /

手間をかけないお弁当作り!レンジだけでできる「鮭弁当」の作り方

春から新生活を始める人の中には、節約や栄養面を考えてお弁当作りをスタートさせる人も多いのではないでしょうか?

お弁当作りを長続きさせる為には、「いかに手軽に作れるか」が重要になってくると思います。

そこで、電子レンジだけで簡単に作れる「鮭弁当」の作り方をご紹介します。「鮭とえのきの蒸し焼き」「目玉焼き」「ウインナー」の3つをレンジで簡単に調理します。

材料(1人分)

鮭とえのきの蒸し焼き

  • 塩鮭・・・1切
  • えのき・・・1/2袋
  • 醤油・・・小さじ1
  • 酒・・・小さじ1
  • マーガリン・・・5g

目玉焼き

  • 卵・・・1個
  • 塩こしょう・・・少々

その他

  • ウインナー・・・2本
  • ミニトマト・・・2個
  • グリーンリーフ(仕切用)・・・1枚

作り方(調理時間:10分)

STEP1:えのきを切る

えのきは石づきを切り落とし、半分の長さに切ります。

STEP2:鮭とえのきを耐熱皿に入れて調味料をふりかける

耐熱皿に鮭とえのきを重ねておき、酒と醤油をふりかけて、マーガリンを乗せます。

STEP3:「STEP2」をレンジで温める

「STEP2」にラップをかけて、500Wのレンジで3分くらい温めます。これで鮭とえのきの蒸し焼きの完成です。

鮭にしっかり火が通っているか確認してください。

STEP4:ウインナーに切込みを入れる

ウインナーは数箇所ななめに切込みを入れて、耐熱皿に入れます。

STEP5:ウインナーをレンジで温める

STEP4にラップをして、500Wのレンジで30秒くらい温めます。

ウインナーの切込みが開いていればOKです。

STEP6:卵を耐熱容器に割入れる

小さめの耐熱容器に卵を割入れます。卵白をすくい上げるように軽くかき混ぜたら、箸先を卵黄に軽く2か所刺します。

この作業をすれば、レンジ加熱のときに卵が爆発するのを防げます。

STEP7:卵をレンジで温める

「STEP6」にラップをかけて、500Wのレンジで1分くらい温めます。これで目玉焼きの完成です。

レンジで温めると黄身の部分に卵白の白い膜が張るので、その部分の膜をはがして黄身の黄色が見えるようにすると、お弁当の差し色になります。

STEP8:目玉焼きに塩こしょうをふる

目玉焼きに塩こしょうをふって味をつけます。

完成!

お弁当箱におかずを詰めたら完成です。

えのきは鮭の下に敷き、ウインナーの1本は目玉焼きの下に入れています。

作り方のコツ・注意点

目玉焼きを作るときは、レンジで温める前に必ず卵白をかき混ぜ、卵黄には箸先を刺して爆発を防止します。

さいごに

レンジ調理のみなので洗い物も少なく、忙しい朝にもおすすめです。

ぜひお弁当の作りの参考にしてください。

(image by 著者)

このライフレシピを書いた人

編集部にリクエスト!

「こんなライフレシピがほしい」や「ここがわかりにくかった」などをお送りください。