\ フォローしてね /

新生活のお弁当デビューに!塩麹で作る「親子丼弁当」の作りかた

「お弁当って大変そう・・・」そう感じている人は、1プレートメニューをお弁当にするととても楽ちんです。仕込みは夜のうちにできるメニューだとなおさらです。

塩麹を使った「親子丼弁当」の作り方を紹介します。

材料(1人分)

  • 鶏もも肉・・・1枚
  • 塩麹・・・大さじ1
  • たまねぎ・・・1個
  • 水・・・50ml
  • 卵・・・1個
  • 白だし・・・小さじ1
  • ご飯・・・1膳
たまねぎは皮を剥き、千切りにしておいてください。

作り方(調理時間:15分・鶏肉をねかせる時間:15分~)

STEP1:鶏もも肉を切る

鶏もも肉は一口大に切っておきます。

STEP2:塩麹につける

ジップロックなどにSTEP1の鶏もも肉を入れ、塩麹を入れてよく揉んでおきます。冷蔵庫に入れて約15分以上、ねかせておきます。

夜にここまで作っておき、朝に調理するのもOKです。

STEP3:煮る

たまねぎは皮を剥き、端を切って千切りにしたものを、水・白だしを入れた鍋の中に入れます。中火で4分煮ます。

鶏肉よりもたまねぎをしっかり煮ておきたいので、先に火を入れます。

塩麹につけておいた鶏肉を入れ、表裏それぞれ中火で3~4分、計8分程度加熱します。

赤い部分がなくなるまで加熱します。

STEP4:卵を入れて完成!

卵を入れて蓋をし、中火で2分程度加熱します。卵が固まったらOKです。

STEP5:完成

お弁当箱にご飯を入れ、上からかけて完成です。

作り方のコツ・注意点

コツは、あらかじめ塩麹と鶏肉をつけておくこと。塩麹効果で、鶏肉が冷めてもやわらかさが維持されるので、お弁当にぴったりのメニューになります。

味つけも塩麹と白だしだけで簡単なので、忙しい時のお弁当メニューとしても活躍します。

(image by 筆者)

このライフレシピを書いた人

編集部にリクエスト!

「こんなライフレシピがほしい」や「ここがわかりにくかった」などをお送りください。