1. 料理
    2. 大葉がアクセント!実は節約レシピ・とり天の作り方

    暮らしの情報サイトnanapi 更新停止のお知らせ

    2019年6月30日(日)をもって更新を停止致します。詳しくはこちらをご確認ください。

    大葉がアクセント!実は節約レシピ・とり天の作り方

    鶏の胸肉は、安く買える食材なので、家計にとても優しい食材です。スーパーによっては、100g あたり50~60円くらいで売っていますので、ひとり分100円もあれば、結構満足できます。

    ここでは、鶏の胸肉を使った大分の郷土料理のとり天の作り方をご紹介します。一部分を、大葉で巻いてアレンジしてみました。

    材料(3人分)

    • 鶏むね肉:2~3枚
    • にんにく:1片
    • ポン酢しょうゆ:100~150cc
    • 小麦粉:1カップ
    • 卵:1個
    • 水:1カップ
    • サラダ油:適量
    • 大葉:10枚程度

    作り方(調理時間:30分)

    調理時間に、鶏肉を漬け込んでいる時間は含みません。

    STEP1:鶏肉を切る

    鶏むね肉を、繊維を断つようにして適当な大きさのそぎ切りにします。

    繊維を断つように切ることで、鶏むね肉のパサパサ感を抑えることができます。

    STEP2:鶏肉を漬ける

    フリーザバッグに、すりおろしたにんにくと、ポン酢しょうゆを入れ、よく揉みます。

    揉みこんだら、2時間程度、冷蔵庫に入れて、漬けこみます。

    ポン酢しょうゆの酸味が、鶏肉を柔らかくしてくれます。

    STEP3:衣を作る

    ボウルに卵を割り入れて、冷水を入れてよく混ぜます。

    小麦粉を3~4回に分けて入れ、上からたたくようにして、さっくりと混ぜ合わせます。

    STEP4:衣をつける

    鶏肉の汁気を切って、軽く打ち粉をつけて、衣にくぐらせます。

    STEP5:揚げる

    170~180℃に熱した油に入れて、2分程度、衣がカラッとするまで揚げます。

    揚がったら、キッチンペーパーで油を切ります。

    STEP6:大葉を巻いたものを揚げる

    打ち粉をつける段階で、芯を取って半分に切った大葉で巻いたものも、同様に揚げていきます。

    STEP7:出来上がり

    軽く塩を振って、暖かいうちに、召し上がってください。

    作り方のコツ・注意点

    衣をつけた鶏肉を油に入れたときに、衣がぱっと散るくらいの温度にしてください。

    天かすがたまらないように、揚げるたびに天かすをすくって取り除いてください。

    おわりに

    鶏の胸肉はあっさりとしていますが、そのあっさりとした感じが天ぷらにするととても良い具合で、食が進みます。大葉のアレンジも、さっぱりとした味わいになっておすすめですよ。とても美味しいので、是非、一度試してみてください。

    (image by 著者)

    このライフレシピを書いた人