\ フォローしてね /

水の代わりにヨーグルト!ふんわりやわらかなお好み焼きの生地を作る裏ワザ

ここでは、水の代わりにヨーグルトを入れて、ふんわりやわらかい生地のお好み焼きを作る裏ワザをご紹介します。

材料(2枚分)

  • お好み焼きの粉・・・100グラム
  • 卵・・・1個
  • プレーンヨーグルト(無糖)・・・100グラム
  • お好みの具材(キャベツ・豚肉など)
水100ccの代わりにヨーグルト100グラムを入れます。

作り方(調理時間:20分)

STEP1:生地の材料を混ぜ合わせる

ボウルにお好み焼きの粉・卵・ヨーグルトを入れ、だまにならないようにしっかり混ぜ合わせます。

STEP2:具材を混ぜ合わせる

生地にお好みの具材を混ぜ合わせます。

STEP3:焼く

1センチくらいの厚みになるように生地を広げ、蓋をして弱火で片面5分ずつ焼きます。

STEP4:完成!

お好みでソース・マヨネーズなどをかけたら完成です。

作り方のコツ

ヨーグルトは水切りせずに、水の代わりとして入れるだけです。

さいごに

水をヨーグルトに代えるだけで、ふんわりやわらかな生地に仕上がります。食べたときにヨーグルトの風味はほとんどしないので、味もおいしく食べられます。

山芋や長芋がないときなどは、手軽に手に入るヨーグルトでふんわりやわらかい生地のお好み焼きを作ってみてください。

(image by 筆者)

このライフレシピを書いた人
Banner line

編集部にリクエスト!

「こんなライフレシピがほしい」や「ここがわかりにくかった」などをお送りください。