1. 料理
    2. 甘さ控えめで朝食にぴったり!牛乳で食べるコーヒーゼリーの作り方

    暮らしの情報サイトnanapi 更新停止のお知らせ

    2019年6月30日(日)をもって更新を停止致します。詳しくはこちらをご確認ください。

    甘さ控えめで朝食にぴったり!牛乳で食べるコーヒーゼリーの作り方

    食欲はあまり無いけれど、何か食べて目を覚ましたい朝におすすめなのが、コーヒーゼリーです。つるっと手軽に食べられて、かつコーヒーのカフェインで目もパッチリ!

    今回は甘さ控えめで朝食にぴったりなコーヒーゼリーの作り方をご紹介します。

    材料(2人分)

    • インスタントコーヒー・・・大2
    • 砂糖・・・大2
    • ゼラチンパウダー・・・5g
    • お湯・・・350cc
    • 牛乳・・・大2

    作り方(調理時間:5分 ※冷蔵庫で固める時間除く)

    STEP1:食材をボウルに入れる

    大きめのボウルに、インスタントコーヒー・砂糖・お湯を入れます。

    STEP2:ゼリー液を作る

    インスタントコーヒー・砂糖の粉が無くなるまで、泡立て器で30回程かき混ぜてゼリー液を作ります。

    STEP3:ゼラチンを加える

    ゼリー液がまだ熱いうちにゼラチンパウダーを加え、さらに泡立て器で30回程混ぜてパウダーをしっかり溶かします。

    STEP4:冷やし固める

    液を1/2量ずつ器に入れ、粗熱が取れたらラップをして冷蔵庫に入れて冷やし固めます。2~3時間ほどで固まりますので、朝食で食べたい場合は前日の夜に用意しておきます。

    STEP5:牛乳を入れて完成!

    食べる直前に牛乳を大1ずつ入れて完成です。

    作り方のコツ

    食べるときは、スプーンでゼリーを崩して牛乳と混ぜながら食べてください。デザートとして食べたい場合は、牛乳の代わりにコーヒーフレッシュや生クリームをかけて食べるのがおすすめです。

    さいごに

    ゼリー自体には砂糖が入っていますが、食べるときに牛乳と混ざり合うことで適度な甘さになり、朝食にピッタリなスイーツになります。

    暑い日の朝などには、冷えたゼリーが美味しいですよね。少しでも参考にしていただけたら嬉しいです。

    (image by 筆者)

    このライフレシピを書いた人