\ フォローしてね /

とっても簡単!レンジで焼き銀杏を作る裏ワザ

今回はレンジで焼き銀杏を作る裏ワザを紹介します。

材料と用意するもの(銀杏20個分)

  • 銀杏・・・20粒
  • 茶封筒・・・1枚(今回は12cm×23cmを使用)

作り方(調理時間:3分)

STEP1:銀杏を茶封筒に入れる

銀杏を茶封筒に入れ、口を折ります。

STEP2:レンジ加熱する

封筒ごとレンジ加熱します。加熱時間の目安は500wで2分40秒、600wで2分30秒です。半数ぐらい殻が割れていれば出来上がりです。

加熱中、ポンポン殻が割れる音がしますが気にしないでOKです。

STEP3:完成

香ばしくて甘い、焼き銀杏の出来上がりです。

作り方のコツ・注意点

レンジ加熱で殻が割れてないものはキッチンばさみで簡単に割ることが出来ます。追加加熱で割ろうとしても、もともと割れにくいものはなかなか割れないので、力を入れて割りましょう。その時、ケガなどに注意してくださいね。

加熱し過ぎると中身が焦げてしまう場合もありますので気を付けましょう。

(image by 筆者)

このライフレシピを書いた人
Banner line

編集部にリクエスト!

「こんなライフレシピがほしい」や「ここがわかりにくかった」などをお送りください。