1. 料理
    2. 春の和風ボンゴレ!「たけのことあさりのパスタ」の作り方

    暮らしの情報サイトnanapi 更新停止のお知らせ

    2019年6月30日(日)をもって更新を停止致します。詳しくはこちらをご確認ください。

    春の和風ボンゴレ!「たけのことあさりのパスタ」の作り方

    そろそろ新たけのこがスーパーに並ぶ時期になりました。炊き込みごはんや煮物など、定番の料理がたくさんありますが、ここでは新たけのこに、同じく旬を迎えているあさりを合わせた、和風のパスタの作り方をご紹介したいと思います。

    材料(2人分)

    • たけのこ(茹でたもの):100g 程度
    • あさり:200g 程度
    • 菜花:少々
    • パスタ:180g
    • にんにく:1片
    • 輪切り唐辛子:少々
    • 粗挽き黒胡椒:適宜
    • 酒:1/4カップ
    • 塩:お湯1リットルに対して大さじ0.5
    パスタを茹でるお湯に入れる塩の量は、通常のパスタを作るときの半分以下です。にんにくと唐辛子も、通常のパスタを作るときの半分以下くらいの量にします。

    作り方(調理時間:15分)

    STEP1:材料を準備する

    たけのこの穂先の部分を縦にスライスします。菜花は切り口の固くなってる部分を切り落として、適当な大きさにざく切りします。

    あさりは砂出しをして、貝殻をこすり合わせるようにして洗い、水を切っておきます。

    STEP2:たけのこを焼く

    フライパンを熱し、油をひかずにたけのこを強めの中火で焼きます。両面に軽く焼き目が付くまで2~3分焼きます。

    STEP3:あさりを蒸す

    あさり、菜花の茎、にんにく、輪切り唐辛子をフライパンに入れ、日本酒を振り入れてフタをします。

    弱めの中火で、あさりの口が開くまで2~3分ほど蒸していきます。

    菜花の花の部分は残しておきます。

    STEP4:パスタを茹で始める

    あさりを蒸し始めたら、たっぷりのお湯に塩を入れ、パスタを茹で始めます。

    茹でる時間は、袋に書いてある時間から1分程度短めにします。1.6mm のパスタだと、袋には7分と書いてあることが多いと思いますが、6分くらいが目安にします。

    STEP5:茹で汁を入れる

    あさりの口がすべて開いたら、パスタの茹で汁を1/2~2/3カップほどフライパンに入れ、弱火で温めます。

    STEP6:菜花を入れる

    パスタの茹で上がりの30秒前になったら、残しておいた花の部分を入れます。弱火のまま30秒ほど火を通します。

    STEP7:パスタを入れる

    パスタをフライパンに入れ、軽くあおって全体を混ぜます。

    このまま30秒~1分ほど弱めの中火で火を通します。

    スープの中で少し茹でて、ほど良い茹で加減にします。スープが少ないようでしたら、茹で汁を少し足してください。

    STEP8:出来上がり!

    お皿によそって出来上がりです。スープもすべて注ぎます。お好みで粗挽き黒胡椒をふってください。

    作り方のコツ

    お湯で茹でる時間を1分ほど短めにし、残りの1分をスープの中で茹でます。こうすることで、あさりの出汁がたっぷり出ているスープをパスタがよく吸ってくれます。

    またあさりの塩気がある分、パスタを茹でるお湯に入れる塩の量を少なめにします。

    おわりに

    このレシピでは菜花を使いましたが、絹さやや三つ葉を合わせても美味しいです。

    あさりの旨みがたっぷりと出ているスープも全部飲み干して、春の味を満喫してください。

    (image by 筆者)

    このライフレシピを書いた人