1. 料理
    2. シャキシャキ!歯ごたえの良いクラブサンドのつくり方

    暮らしの情報サイトnanapi 更新停止のお知らせ

    2019年6月30日(日)をもって更新を停止致します。詳しくはこちらをご確認ください。

    シャキシャキ!歯ごたえの良いクラブサンドのつくり方

    具だくさんで見栄えがよく、崩れにくいクラブサンドのつくり方を紹介します。

    クラブハウスサンドとは

    トーストしたパンに、お好みの具材をさっと挟むだけで手軽に楽しめるのがクラブハウスサンド。

    具材をピクルス、オリーブ、きゅうり、ローストオニオン、薄焼き玉子、ベーコン、パテなどに変えてみるとバリエーションが広がるので、様々に楽しめます。

    材料(1人分)

    • 食パン(8枚切り):2枚
    • レタス:1枚
    • トマト:1/3個(3~4スライス)
    • レッドオニオン:1/8個(2~3スライス)
    • ゆで卵:1/2個
    • スライスチーズ:1枚
    • チョリソー:3~4本
    • マヨネーズ:大さじ1/2
    • マスタード:小さじ1
    • バター:適宜
    今回はメインに七面鳥のチョリソーを使いましたが、ロースハムや生ハム、チキンなどでもおいしく作れます。

    作り方(調理時間:15分)

    STEP1:具材を下ごしらえする

    生野菜は洗って水分をよくとります。レタスは大きめに手で裂き、トマト、レッドオニオンは2~3mmほどの薄切りにし、ゆで卵は大きめに粗く刻みます。

    STEP2:食パンをトーストする

    食パンをトーストし、表面にバターを薄く塗ります。

    STEP3:野菜、ゆで卵の順にのせる

    安定感のある野菜からのせていきます。レタス、トマト、レッドオニオンの順にトーストにのせ、マヨネーズをかけます。

    最後に最も崩れやすいゆで卵を中心にのせ、マスタードをところどころにトッピングします。

    STEP4:チョリソーとチーズをのせる

    具材の中でもっとも安定感のあるチョリソー(ハム類)とチーズを最後にトッピングし、トーストを重ねます。

    STEP5:完成!

    完成です。好みの大きさに切っていただきます。

    作り方のコツ

    シャキシャキおいしいクラブサンドを作るコツは、新鮮な野菜を使うこと、トーストにのせる際に水分はよくふき取っておくことです。

    また、1番崩れやすい具材(今回はゆで卵の乱切り)を真ん中にはさみ、崩れにくいハムやチーズを最後にのせることで、崩れにくく食べやすいクラブサンドになります。

    具材たっぷりで食べるときに崩れやすいのですが、最初からナイフとフォークを添えておくと、崩れを気にせず元気に食べられますね!

    (image by 筆者)

    このライフレシピを書いた人