\ フォローしてね /

春に一度は作りたい!「新玉ねぎとタコのマリネ」の作り方

辛みが少ない新玉ねぎ。炒めてももちろん美味しいのですが、せっかくなので生で食べて、玉ねぎ本来の味を楽しみたいですよね。

今回はこの時期に一度は作りたい、新玉ねぎとタコのマリネの作り方をご紹介します。

材料(3人分)

  • 新玉ねぎ・・・1/2個
  • 茹でタコ(刺身用)・・・100g
  • きゅうり・・・1/2本
  • 大葉・・・2枚
  • 酢・・・大1
  • レモン汁・・・大1
  • 砂糖・・・小1
  • 塩・・・少々
  • こしょう・・・少々
  • オリーブ油・・・大2

作り方(調理時間:5分 ※冷蔵庫で寝かせる時間は除く)

STEP1:具材をカットする

新玉ねぎ・きゅうりは薄切りにします。

大葉は粗みじん切りにします。

STEP2:調味料を加えていく

カットした具材をすべて入れたボウルに、酢・レモン汁・砂糖・塩・こしょう・オリーブ油を順に入れていきます。

途中で味見をしながら、お好みの味に調整してください。

マリネ液が具材とよく絡むように、菜箸で20回程かき混ぜます。

STEP3:冷蔵庫で寝かせる

ラップをして冷蔵庫で1時間ほど寝かせ、味を浸み込ませます。

STEP4:完成!

冷蔵庫から取り出して、再度さっと混ぜたら完成です。

作り方のコツ

マリネ液に具材をつけてすぐに食べてもよいのですが、冷蔵庫で寝かせることにより、玉ねぎの辛みがさらに弱まり、小さな子供でも食べやすくなるのでおすすめです。

最後に

今回は隠し味に大葉を入れましたが、バジルやパセリを入れても美味しいと思います。この時期にしか味わえない新玉ねぎをたくさん使ったマリネをぜひ試してみてくださいね。

(image by 筆者)

このライフレシピを書いた人

編集部にリクエスト!

「こんなライフレシピがほしい」や「ここがわかりにくかった」などをお送りください。