\ フォローしてね /

バリエーションは色々!鹿児島県指宿のご当地グルメ『温たまらん丼』の作り方

鹿児島県は指宿市のご当地グルメ「温たまらん丼」の作り方をご紹介します。

指宿市は砂むし温泉で有名ですが、その砂むし温泉で作った温泉卵を使った丼料理が「温たまらん丼」です。お店によって、焼いたお肉やお刺身、味付けした挽肉などバリエーションが豊富です。

ここでは、お手軽に作ることができるお刺身を使った「温たまらん丼」の作り方をご紹介いたします。

材料(1人分)

  • 刺身:1人分
  • 生卵:1個
  • ご飯:1人分
  • 大葉:2枚
  • しょう油:適量
  • 生姜(チューブ入り):少々
  • ポン酢しょうゆ:小さじ1
  • 白すりごま:小さじ1
  • 小ねぎ:少々
ここでは、ブリのお刺身を使いました。

作り方(調理時間:15分)

STEP1:温泉卵を作る

1リットルのお湯を沸かし、火を止めて200ccの水を加え、少し温度を下げます。そこに生卵をそっと入れて、フタをせずに12分ほど放置します。

ゆっくりと冷めていくお湯に12分ほど入れておくことで、簡単に温泉卵ができあがります。

1リットルの水を入れて卵が浸かる程度の水位になる、やや小ぶりの鍋を使います。
卵は室温に戻しておく必要はありません。冷蔵庫から取り出したら、すぐにお湯に入れて大丈夫です。

STEP2:刺身に下味をつける

刺身にチューブ入りの生姜を塗りつけ、しょう油を少々かけまわします。

STEP3:大葉を刻む

大葉の芯を取って、細切りにします。

STEP4:タレを作る

小さじ1杯のポン酢しょうゆに、同量の白すりごまを混ぜ合わせます。

STEP5:温泉卵を取り出す

お湯に浸けて12分経ったらお湯を捨て、水を入れて冷まします。卵の殻を割って中身を取り出します。

丼に直接割落とすと、卵の殻が入るかもしれないので、別の容器に取り出しておいた方がよろしいと思います。

STEP6:丼によそる

丼にご飯をよそります。

細切りにした大葉を散らします。

大葉の上に刺身を散らすように乗せます。

STEP5で取り出した温泉卵を中心に乗せます。

温泉卵のおさまりが良いように、お刺身を散らすときに中心部分を少し開けておいた方が良いです。

STEP7:出来上がり

STEP4で作ったタレをかけまわして出来上がりです。お好みで刻んだ小ねぎを散らします。

作り方のコツ・注意点

温泉卵

無水調理ができるような厚手の鍋ではなく、普通の鍋を使ってください。ゆっくりと冷めていくお湯に入れておくことで、ちょうど良い温泉卵ができあがります。

電子レンジで作るレシピもありますが、火加減が難しいのでこちらの作り方をお勧めします。電子レンジよりも多少時間はかかりますが、温泉卵を作っている時間を使って他の準備ができますので、ちょうど良いと思います。

12分くらいで黄身はトロトロの状態です。もう少し固めな感じがお好きな方は、15分ほどお湯に漬けてください。

お刺身

お刺身はどんな魚でもよろしいのですが、温泉卵のこってりした味に負けない、ブリ、マグロ、カツオのような赤身のお魚が美味しいと思います。

白身のお魚を使うときには、下味を強めにつけた方が美味しいと思います。

おわりに

温泉卵の作り方もご紹介しましたが、スーパーで売っている温泉卵を使うと、あっと言う間に作ることができます。お手軽に作ることができますので、お昼ご飯の一品にちょうど良いと思います。是非、試してみてください。

(image by 筆者)

このライフレシピを書いた人
Banner line

編集部にリクエスト!

「こんなライフレシピがほしい」や「ここがわかりにくかった」などをお送りください。