\ フォローしてね /

青森県八戸市の郷土料理「せんべい汁」の作り方

青森県八戸市の郷土料理、せんべい汁。肉や魚、野菜や茸などでダシを取った汁の中に、せんべい汁用の南部せんべいを割り入れ、煮込んで食べます。

B-1グランプリでの上位入賞、ついには優勝により有名になりました。これをきっかけに全国的にファンが増加中!

材料(4人分)

  • にんじん:1/3本
  • ごぼう:1/2本
  • しめじ(椎茸だと風味が出てもっと美味しいです!):1/2パック
  • キャベツ:2枚
  • 長ネギ:1/3本
  • しらたき:1/2パック
  • 鶏もも肉:100g
  • サラダ油:適量
  • おつゆせんべい:好きなだけ
  • だし汁:4~5カップ

調味料

  • 醤油 :大さじ1.5
  • みりん:大さじ1
  • 酒:大さじ1
  • 塩:少々

「おつゆせんべい」は八戸市のスーパーであればどこでも購入できます。ネットショップやアンテナショップもチェックしてみてくださいね。

作り方(調理時間:30分)

STEP1:材料を切る

しらたきは軽く湯通しして、食べやすい長さに切ります。ごぼうと人参はささがき、しめじは房を取り、鶏肉とキャベツは食べやすい大きさに、ネギは斜めに切ります。

STEP2:炒める

サラダ油で鶏肉を強火で炒め、少し火が通ったらゴボウと人参、えのき、しらたきを加えます。最後にキャベツとネギを加えます。

この工程は約3分程度。全体が馴染んできたら次のステップへ行きましょう。

STEP3:煮込む

出汁と調味料を加え、中火で10分ほど煮込みます。途中でアクを取り除き、味が薄ければ醤油や塩で味を調整してください。

食べる前にせんべい汁用のせんべい「おつゆせんべい」を割り入れ、好みで煮込みます。

これが「おつゆせんべい」です。

STEP4:完成!

器によそって完成です。

作り方のコツ・注意点

せんべいの固さは好みで調整してください。とろとろで食べたい人は、5分程度煮込んでせんべいがしんなりしてから。かたい食感が好みの人は汁をかける程度で火を止めましょう。

せんべい汁は、八戸市の食卓にはよく出る家庭料理であるため、家庭や地域によって作り方が違います。海に近い地域ではサバ缶を入れて、ドロドロにしたりアレンジも様々。筆者の実家では野菜まで全ての材料を炒めますが、はじめから煮込む家庭も多いようです。

食材やせんべいの固さを変えて、色んな味を楽しんでみてくださいね。

(image by 筆者)

このライフレシピを書いた人
Banner line

編集部にリクエスト!

「こんなライフレシピがほしい」や「ここがわかりにくかった」などをお送りください。