1. 料理
    2. シンプルで本格的!イスタンブールのサバサンドの作り方

    暮らしの情報サイトnanapi 更新停止のお知らせ

    2019年6月30日(日)をもって更新を停止致します。詳しくはこちらをご確認ください。

    シンプルで本格的!イスタンブールのサバサンドの作り方

    トルコのイスタンブールで食べたサバサンドを再現してみました。ししとうの緑とトマトの赤、この色合いがトルコ料理っぽさを演出します。

    材料(1人分)

    • バケット:1/2本
    • 塩さば:1/4尾(片身の半分)
    • トマト:中1/2個
    • 玉ねぎ:中1/4個
    • ししとう:2個
    • レモン果汁(市販のもので可):小さじ1(お好みで)

    作り方(調理時間:15分)

    STEP1:塩さばの骨を取り、ししとうと一緒に焼く

    塩さばには小さな骨が残っている場合があるので、取り除いて下さい。

    ししとうはヘタを取り除きます。

    塩さばとししとうを、フライパンで両面しっかり焼きます。中火で塩さばを焼き(片面4分くらい)、ひっくり返す際にししとうを入れて一緒に3~4分焼きます。ししとうが焦げないように、菜ばし等で転がしながら焼きます。

    STEP2:トマト、玉ねぎをスライスする

    トマトは厚さ5ミリくらい、玉ねぎは厚さ1ミリくらいにスライスします。

    サバの臭みを消すため、玉ねぎは水にさらしません。

    STEP3:バケットに材料をはさむ

    バケットをヨコ半分に切り、焼いた塩サバ、トマト、玉ねぎ、焼いたししとうをはさみます。はさむ時、サバにレモン果汁をふりかけるとよりさっぱりとした味わいになります。

    バケットにバターは塗りません。塩サバやトマトの汁気を吸収させるのがサバサンドのコツ!

    完成です。

    作り方のコツ・注意点

    真サバよりも塩サバのほうが塩気と熟成された味でおいしく仕上がります。真サバしかないときは、塩を適量振ってから焼いて下さい。

    食べるときは、中身が落ちないようにぎゅっとバケットをつかみながら食べます。サバサンドはパンのふわふわ感を楽しむというよりも噛み応えを楽しむもののようです。

    (image by 筆者)

    このライフレシピを書いた人