1. 暮らし
    2. うっかり情報漏えいしないために…USBメモリを正しく破棄する方法

    暮らしの情報サイトnanapi 更新停止のお知らせ

    2019年6月30日(日)をもって更新を停止致します。詳しくはこちらをご確認ください。

    うっかり情報漏えいしないために…USBメモリを正しく破棄する方法

    このライフレシピのもくじたたむ

    もう使わない・使えなくなってしまったUSBメモリを破棄する際の正しいやり方をご存知ですか?

    うっかりメモリの中身を読み取られてしまったりしないよう、壊すべき箇所をしっかり確認して捨てることをおすすめします。

    USBメモリを正しく破棄する方法

    STEP1:ケースを外す

    差し込み口の付け根を親指で曲げて、USBメモリのケースを外します。

    STEP2:壊すべきチップを確認

    差し込み口を左に向けたときに右側にある大きめのチップがデータ保持用のフラッシュメモリ。左側の小さいチップはコントローラ。

    データを消すには、確実に、大きめのフラッシュメモリを狙います。フラッシュメモリは複数実装されている可能性もありますが、その場合は全部壊さないとダメなのでよく確認しましょう。シールの裏に隠れていることもあります。

    STEP3:壊す

    工具は何でもいいのですが、基盤ごとチップをしっかり挟めるものを使います。挟んだらしっかりねじ切る、押し切るなどして確実にチップを破壊しましょう。

    STEP4:完了!

    しっかり破壊されたら完了です。各自治体のルールに沿った方法でゴミとして処分しましょう。

    注意するべきポイント

    コントローラや周辺回路を破壊されると、そのUSBメモリは読み書きできなくなります。でも実はフラッシュメモリのチップさえ無事なら、外して他のメモリに移植すればデータを読めてしまいます。

    つまり、この画像のような状態(正しくチップを破壊していない状態)ではまだデータを吸い出される危険性があるということです。

    確実にフラッシュメモリのチップを破壊するようにしましょう。

    Twitterで紹介!

    (image by 筆者)
    (image by nanapi編集部)

    このライフレシピを書いた人
    このライフレシピに関係するタグ