\ フォローしてね /

ホームパーティに是非!ホットプレートで作るビビンパの作り方

ホームパーティのように大勢が集まる場でのご飯ものメニューは、無いと寂しいですし、手間がかかるものは大変です。炊き込みご飯などが定番かと思いますが、いつもそれでは飽きが来てしまいます。

そこでここでは、手軽に作れて大勢で取り分けて食べられる、ホットプレートで作るビビンパの作り方をご紹介します。

材料(4人分)

  • 牛こま切れ肉:400g
  • にんじん:1/2本
  • ピーマン:2個
  • キムチ:50g程度
  • 青梗菜:1把
  • ご飯:4人分
  • 焼肉のたれ:大さじ3程度+適量
  • ごま油:小さじ1/2程度
青梗菜は、小松菜やほうれん草のような緑色が強い野菜に変えても美味しいです。

作り方(調理時間:20分)

調理時間には、ご飯を炊く時間を含みません。

STEP1:材料を切る

にんじんは皮をピーラーでむいて、薄い短冊切りにします。ピーマンは種を取って細切りにします。青梗菜は適当な大きさのざく切りにし、根に近い部分と葉の部分を分けておきます。

STEP2:牛肉をタレに漬ける

焼肉のたれ大さじ3杯程度を肉に振りかけて、10分程度漬けこみます。

STEP3:キムチを炒める

温めたホットプレートにごま油を引いて、キムチを炒めます。大きなところはヘラかキッチンばさみで切りながら、良い香りがするまで強火で1~2分ほど炒めます。

火加減はホットプレートの種類によるので、適宜加減してください。

STEP4:牛肉を炒める

強火のままタレに漬けた牛肉を炒めます。ほぐしながら赤い部分が1割程度になるまで炒めます。

脂身が少ないお肉の場合には、適宜、油を足してください。

STEP5:にんじんを炒める

強火のままにんじんを炒めます。軽く透き通るまで1分ほど火を通します。

STEP6:青梗菜を炒める

青梗菜の根に近い部分をさっと炒めます。油を絡める程度に、強火のまま30秒~1分ほど炒めます。

STEP7:ご飯を入れる

少し火を落としてから、ご飯を入れて、ヘラで切るようにしながら他の具材と混ぜていきます。

冷ご飯を使うときには、電子レンジで軽く温めてから使ってください。

STEP8:タレで味をつける

具材とご飯が混ざったら、焼肉のたれで味をつけます。

STEP9:ピーマンを入れる

ピーマンと青梗菜の葉の部分を散らします。

STEP10:フタをして蒸らす

強火よりも少し火を落とした状態で、フタをして3分ほど蒸らします。

ここで最後に入れたピーマンと青梗菜に火を通して、ご飯に軽く焦げをつけます。

STEP11:出来上がり

ざっと混ぜて出来上がりです。お好みで白ごまや海苔を散らしても美味しいです。

作り方のコツ・注意点

STEP10でフタをして蒸らすときの火加減で、ご飯に焦げ目をつけることができます。少し焦げ目をつけることで、石の器で焼いたビビンパのような感じを味わえます。

野菜などを炒める油は控えめにしてください。STEP7でご飯を入れるときに、鉄板にうっすらと残っているくらいが理想です。油が多すぎるとご飯に焦げ目が付きません。

おわりに

作り方はとても簡単ですし、味付けは焼き肉のたれを使いますので、誰にでも美味しく作ることができます。普段はあまり料理をされない殿方にご飯もののメニューを任せて、少しパーティーの方を楽しんでみるのもおすすめです!

(image by 著者)

このライフレシピを書いた人
Banner line

編集部にリクエスト!

「こんなライフレシピがほしい」や「ここがわかりにくかった」などをお送りください。