\ フォローしてね /

3ステップのお手軽レシピ!3日でできる「パイナップルのカンタン果実酒」のつくり方

果実酒というと「漬け込んでから数か月~1年待ってからやっと飲める」「ちょっとつくるのはハードルが高いお酒…」そう思っていませんか?

ホワイトリカーと熟した果実、砂糖だけで、なんと最短3日でつくることができるんです。ここでは、夏を感じるパイナップルの美味しい果実酒レシピをご紹介します。

本記事は、宝酒造株式会社のご協力により、2014年に執筆されたものです。

材料

  • アルコール度数35%の焼酎(ホワイトリカーでも可)…220ml
  • パイナップル(カットパインもOK)…1/8個
  • グラニュー糖…大さじ2と1/2

つくり方

  • STEP1:密閉できるガラスびんを消毒し、ホワイトリカーとグラニュー糖を入れて溶かす。
  • STEP2:パイナップルの皮をむき、5mm厚のいちょう切りにしてびんに入れる。
  • STEP3:1日1~2回スプーンなどでよく混ぜる。

簡単3ステップで初心者に優しいレシピです。3日で美味しく飲むことができますよ!

オススメの飲み方

ソーダ割り

氷と果実酒を入れたグラスに、ソーダを注ぎます。くし型に切ったパイナップルを飾ってリゾート風に。

アイスティー割り

細かく切ったパイナップルとクラッシュ氷、果実酒を入れたグラスにアイスティーを注ぎ、パイン葉の飾りをオン。

つくるポイント

最近は、あらかじめホワイトリカーが入った容器に果実と砂糖を入れるだけで出来上がる便利な商品も発売されています。びんの消毒などの手間も省けて、さらに手軽につくることができますね。

ポイントは「砂糖をあらかじめ溶かす」「熟した果実を細かく切って漬ける」「成分の抽出を早めるために1日1~2回混ぜること」です。

これを忘れなければ、3日でできあがります!ぜひお好みでその他の果実でもお試しください。

関連記事

Twitterで紹介!

(image by 筆者)
(image by nanapi編集部)

このライフレシピを書いた人

編集部にリクエスト!

「こんなライフレシピがほしい」や「ここがわかりにくかった」などをお送りください。