\ フォローしてね /

残った焼き魚を再利用!アレンジに便利なほぐし魚の生姜和えの作り方

おかずを作り過ぎて焼き魚を持て余してしまったり、子供の食べ方が雑で食べられるところが随分と残ってたりと、片づけるときにもったいないと思ったことがないでしょうか。

そこでここでは、残ってしまった焼き魚で作る、生姜和えの作り方をご紹介します。身をほぐして作るので、一回作っておけばアレンジ次第で様々なシーンで活躍してくれますよ。

材料(1~2人分)

  • サンマ:1/2匹
  • 生姜:チューブで5cmくらい
  • 長ねぎ:1~2cmくらい
  • 醤油:少々
残った焼き魚で作るので、分量はあくまでも目安です
ここではサンマを使っていますが、アジやサバ、ホッケなどの青魚でも合うと思います。干物でも構いません。

作り方(調理時間:5分)

STEP1:焼き魚をほぐす

焼き魚の身をほぐします。骨は取り除いてください。

STEP2:長ねぎをきざむ

長ねぎの白い部分をみじん切りにします。

STEP3:材料を合わせる

ほぐした焼き魚に、みじん切りにした長ねぎ、チューブ入りの生姜、醤油を入れます。

STEP4:混ぜる

スプーンなどで、よく混ぜて出来上がりです。

作り方のコツ・注意点

生姜は多めの方が美味しいです。

魚によって塩味が違いますので、醤油は味を見ながら足してください。

生姜を利かせているので多少は日持ちがしますが、箸をつけてしまった部分を使った場合には、翌日くらいには食べきってください。

おわりに

ご飯のお供や晩酌のおつまみ、おにぎりの具などにとても美味しいです。大葉を添えてもいいですよ。作るのはとても簡単なので、是非、お試しください。

(image by 著者)

このライフレシピを書いた人

編集部にリクエスト!

「こんなライフレシピがほしい」や「ここがわかりにくかった」などをお送りください。