\ フォローしてね /

暑中見舞いはいつ出すのが正解?暑中見舞いの基礎知識

みなさんは「夏が来たな~」と何で感じますか?

青い海、花火、スイカ…など、人によって様々かと思いますが「暑中お見舞いが手元に届いたら」という方も中にはいらっしゃるのではないでしょうか。

しかしいざ書こうとすると、暑中見舞いはいつ送るのがよいのか、ちょうどよい時期がはっきり分からないことがありますよね。実は「二十四節気」というもので定められているのですが、これはどのようなものなのでしょうか。

夏真っ盛りに出すたった1枚のハガキ。この便りと共に訪れる季節感覚の背景には、昔の人々の生活とふか~い関係があったのです。

暑中見舞いとは?

暑中見舞いとは、猛暑の時期に相手の安否を尋ねるために家を訪問したり、健康を気遣う手紙を出す夏場の挨拶です。

暑中見舞いのはじまり

暑中見舞いのはじまりは江戸時代「盂蘭盆会(うらぼんえ)」と言われています。盂蘭盆会とは7月15日、父母や先祖の霊を苦しみから救い、供養するために行う行事です。

昔の人は1年を2つに分けて考えていました。その節目の始まりが、今の正月と盂蘭盆会にあたります。人々はこの時期に贈り物を持って挨拶周りを行っていました。遠方に贈る場合は飛脚を利用していたようです。

明治維新後、日本のハガキ郵便の発達に従い、挨拶状を送るようになり、暑中見舞いが根付いたとされています。

暑中見舞いの時期っていつ?

暑中見舞いの「暑中」とは「二十四節気(にじゅうしせっき)」の「小暑」と「大暑」にあたる時期を指します。小暑は7月7日ごろから約15日間の梅雨が開けて暑さが厳しくなる時期、大暑は7月22日ごろから約15日間の暑さが最も厳しい時期をそれぞれ意味します。

一般的に暑中見舞いを送るのに最適とされる時期は大きく3つに分けられます。

  • 夏の土用~立秋の前日(立秋の約18日前・7月20日ごろ~8月6日ごろ)
  • 小暑~立秋の前日(7月7日ごろ~8月6日ごろ)
  • 梅雨明け~立秋の前日(~8月6日ごろ)

上記の期間で、送る相手の住んでいる場所が最も暑い時期に出すようにすればマナー違反にはならないでしょう。立秋を過ぎて、8月7日~8月31日に出すものは「残暑見舞い」になります。

「二十四節気」について、詳しくはこちら!

季節の移り変わりを感じる生活のすゝめ

暑中見舞いを送る時期には、自然と共にある暮らしに根付いた季節感と、節目節目を大切に生きてきた人々の姿が残っていたのですね。

日本独自の文化でもある暑中見舞いを送ることで、きちんとけじめをつけ、季節を感じられる生活を試みてはいかがでしょうか。

(image by amanaimages)

このライフレシピを書いた人
Banner line

編集部にリクエスト!

「こんなライフレシピがほしい」や「ここがわかりにくかった」などをお送りください。