\ フォローしてね /

短冊に使って良いのは5色までだった!知っていると自慢できる七夕の豆知識

ロマンチックな夏の風物詩である、7月7日の七夕。皆さんは七夕についてどんなことを知っていますか?

「彦星と織姫が年に1度会える日」「短冊を笹に結んで願い事をする日」などは多くの人に浸透していると思いますが、七夕にはあまり知られていない、興味深い話がまだまだあります。

そこでここでは、知っていると自慢できる七夕の知識についてご紹介したいと思います。

七夕の起源について

日本の七夕には多くの文化が混ざっている

七夕は、日本と中国の、以下の文化が合わさってできあがったものといわれています。

  • 日本のお盆
  • 日本の伝説「棚機津女(たなはたつめ)」
  • 中国のお盆
  • 中国の「乞巧奠(きっこうでん)」

棚機津女は、機織りをする女性の伝説で、乞巧奠は女性が裁縫の上達を願う祭事です。どちらも針仕事に関する文化ですね。

お盆は仏教のものですが、「棚機津女」には神様が登場するので、七夕は神道と仏教があわさった行事といえます。

七夕が7日7日なのには理由がある

伝説「棚機津女」には、

棚機津女は神様に村の災いを取り除いてもらうために水辺の機屋(はたや)にこもっています。そして旧暦の7月15日に神が天下って棚織津女に会いに来るので、彼女は一晩だけ神様のお相手をします。

と書かれています。

そこでかつての日本人はこの伝説をもとに、水辺に機織り機を用意して村の生娘に機織りをさせ、その織物を神様におさめる儀式を行うようになりました。

そしてその儀式で使う道具を安置するのが7月7日の夕方であったことから、次第に15日より7日の方が重要視されるようになったようです。

写真は儀式に使われる道具です。両端のカラフルな布は「幡」という装飾具で、仏教行事で使われます。

日時にもとづいて七夕という漢字になった

七夕はかつて「棚機」「棚織」と書かれていました。それが、「7日夕方」が重視されるようになったため、そのまま七夕という表記になったといわれています。

七夕を「しちせき」と読むこともできますが、常用ではほとんど使わないようです。ときどき目にするのは「七夕の節句(しちせきのせっく)」くらいではないでしょうか。

名前については「古事記」や「日本書紀」にある史実が由来ではないかという説もあります。興味のある方は、ぜひ調べてみてください!

短冊に使って良いのは5色まで

「七夕さま」の歌の2番の始めに、「5色の短冊」という歌詞がありますよね。これは、中国の七夕で青(緑)・赤・黄・白・紫(黒)の5色の短冊を使っていたことに由来するものです。

この5色は天地万物を組成している5つの要素の象徴であり、宇宙そのものを表しています。具体的には、

  • 青:木・東・春・仁
  • 赤:火・南・夏・礼
  • 黄:土・中央・土用・信
  • 白:金・西・秋・義
  • 紫:水・北・冬・智

となっています。ピンクやオレンジもカラフルで良いのですが、こういったきちんとした理由を知ると、他の色を使うのは気が引けますね。

土用(どよう)とは、立夏・立秋・立冬・立春の直前約18日間のことをいいます。あの全国でウナギを食べる「どようの丑の日」は、この土用という漢字を使います。

裁縫のほかに習字の上達を願う催しもあった

七夕には、お裁縫のほかに、文字がうまく書けるように願う催しもありました。

これは主に子どもたちが行っていたもので、7日の朝にイモの葉や稲についたつゆで墨をすり、その墨で文字を書きながら「字がうまく書けますように」と願ったのだそうです。

この墨で短冊を書いていたという説もあります。

昔の風習にならった七夕の楽しみ方

せっかくですのでここでご紹介した古来のやり方をふまえて楽しんでみませんか?

今までのやり方に

  • 短冊は青・赤・黄・白・紫を選ぶ。
  • 習字の上達がしたい人は、7日の朝に墨をすって願いをこめながら文字を書く。
  • 裁縫が苦手な人は上達するように願う。

をプラスするだけで、ぐっと風情のある七夕になりますよ。イモや稲のつゆを手に入れられたら完璧ですが、さすがに難しそうですね……。

今年の七夕は一味違うものになるはず

七夕ってとても歴史がある催しだったのですね。深く知ることで、7月6・7日を大切に過ごそうという気持ちになりました。

今年はいつもより七夕を意識して、夜空に思いを馳せてみましょう。

(image by 足成)

このライフレシピを書いた人
Banner line

編集部にリクエスト!

「こんなライフレシピがほしい」や「ここがわかりにくかった」などをお送りください。