\ フォローしてね /

始める前に知っておきたい!初心者向け・ボディボードの基本用語

夏といえば海!気候が暖かくなるに連れて、海には波乗りを楽しむために多くの人々が集まります。

サーフィン同様、ボディーボードにも専門用語が存在します。そこで今回は、これからボードを始める予定の方や初心者の方へ、ボディボードの基礎知識と用語を紹介したいと思います。

波乗りの世界では会話の中に専門用語がたくさん出てきます。基本的な知識をしっかり身に付けることで、その後の波乗りをさらに楽しいものにしましょう!

基礎知識:ボードの各部分

1:ノーズ

ボードの上部の名称です。ノーズ幅が狭いと細かい動きが可能な分、扱いが難しくなります。反対に、ノーズ幅が広いと小回りが効かない分、テイクオフがしやすくなります。

ボディボードを始めて間もない方は、ノーズ幅が狭いものは選ばないようにしましょう。

2:デッキ(ボトム)

ボードの表面部分の名称です。また、裏面部分はボトムと言います。

3:テール

ボードの下部の名称です。テールの形状は、主に「ノーマルテール」「バットテール」の2種類があります。

4:レール

ボードの側面部分の名称です。

基礎知識:ボードの種類

アーチテール(ノーマルテール)

一般的なスタイルのテールです。テールは先程も紹介しましたが、ボードの下部の名称です。側面全体を弧を描くように削られた形状になっているため、ボードに乗った際に安定しやすいです。

初心者の方はこちらから始めましょう。

バットテール

バットテールという名称は、コウモリの形が由来になっています。アーチテールとは異なり、中央にも出っ張りがある分、テールの浮力が増します。

スピン(回転技)を楽しみたい方に向いています。

基本用語

テイクオフ

波に乗ることを表します。この動作から波乗りが始まります。会話では、「テイクオフが上手くいかないんだよね」などと使います。

ライディング

波に乗るすべてのことを表します。会話では、「テイクオフはうまくいくようになったけれど、その後のライディングがイマイチ…。特にスピンに関しては…」などと使います。

オンショア・オフショア

  • オフショア:岸から海に向かって吹く風。うねりや波の面を整える。
  • オンショア:海から岸に吹く風。うねりや波の面を悪くする。

ただし、オフショアが強すぎると沖に流されたり、オンショアは波を起こす効果もあることから、どちらもボディボードには欠かせない現象です。

オフショアが吹いていて海面が滑らかな状態のことを「グラッシー」といいます。
ちなみに、「チョッピー」は、オンショアになり、波の面が荒れている状態のことです。

プローンスタイル・ドロップニースタイル

ボディボードの波乗りのスタイルは主に2種類あります。

  • プローンスタイル:腹ばいになりながらライディングするスタイル
  • ドロップニースタイル:片膝をついてライディングするスタイル
初心者の方は、一般的なスタイルであるプローンスタイルでライディングしてみましょう。

おわりに

いかがでしたか。他にもボディボードには多くの専門用語が存在します。今回紹介した基本的な用語を元に、波乗りを楽しみながら徐々に用語や知識を覚えていきましょう!

(image by amanaimages)
(image by 筆者)

このライフレシピを書いた人

編集部にリクエスト!

「こんなライフレシピがほしい」や「ここがわかりにくかった」などをお送りください。