1. コミュニケーション
    2. ビジネスマン必見!覚えておきたい暑中見舞いの文例と喜ばれる書き方

    暮らしの情報サイトnanapi 更新停止のお知らせ

    2019年6月30日(日)をもって更新を停止致します。詳しくはこちらをご確認ください。

    ビジネスマン必見!覚えておきたい暑中見舞いの文例と喜ばれる書き方

    社会人になると書く機会が多くなるのが「暑中見舞い」です。お互いの健康に気遣い、近況報告をし合う暑中見舞いですが、ビジネスマンともなると表現や書き方にも気をつけなければなりません。暑中見舞いひとつとっても、自分が所属する会社を代表してお世話になった人に対して送るわけですから細心の注意を払う必要があります。印象的なデザインよりも丁寧な文体のほうが好まれることが多い、などといった暑中見舞いに適した書き方を紹介します。使われることの多い文例も掲載しています。

    夏も半ばになってくると季節の挨拶、暑中見舞いを出す時期になります。

    社会人が出すビジネス用の暑中見舞いはマナーが問われ、会社の信用にも関わります。そのため、書くのをためらってしまう方もいらっしゃるのではないでしょうか。

    この記事ではビジネス向きの暑中見舞いで使える「文例」と参考になるハガキの「レイアウト案」をご紹介します。

    暑中見舞いとは?

    暑中見舞いとは季節の挨拶のひとつです。昔は1年の最も暑いt時期に知り合いの安否を尋ねるために家を訪れたり、書状や贈り物を送っていました。今では、形式的に健康を気遣う手紙を出して、近況報告をし合うこと、またその手紙のことを指します。

    暑中見舞いを出す時期は、一般的に梅雨明けの7月初旬の梅雨明け(小暑)から8月上旬(立秋)までに出すのがマナーとなっています。

    ビジネスでの暑中見舞いは、商品の広報や宣伝のために送ることも多くなっています。

    ビジネス向け暑中見舞いを書くときのポイント

    個性よりも丁寧に!

    ビジネスの場合あまり砕けた文体が使えないので、印象に残るデザインを使いたくなる場合があるかと思います。しかし、もらって嬉しいのは個性的なデザインより丁寧なハガキです。常識がないと思われないよう、正しい書き方を守り、丁寧な文字で書くことが大切なようです。

    期限を守る&継続して出すと好感度UP

    暑中見舞いの時期に、毎年欠かさず相手にハガキを出すことで、しっかりしている、常識のあることをアピールできるようです。うまく使えば、取引先の会社との関係を良好に保つひとつの手になりそうですね。

    手書きのハガキが◎

    プリントのハガキが主流になっている今、手描きの文章だと心がこもっていると貰い手は感じるようです。絵柄はプリントでも、一言手書きのコメントを添えるのがおすすめです。

    宛名まで手書きだと、年配の方に喜ばれやすいようです。

    暑中見舞いハガキの基本レイアウトの見方

    暑中見舞いをハガキで送る場合の基本的なレイアウトの見方を説明します。

    暑中見舞いのレイアウトは縦書なら右から順に以下のようになっています。

    • 季節の挨拶:少し大きめに書きます。
    • 安否を尋ねる言葉・近況:暑さについて、近況報告、相手の体調を気遣う言葉を盛り込みます。
    • 日付:西暦ではなく元号で「平成◯年◯月」「平成◯年◯月盛夏」のように記載するのが慣例となっています。
    ちなみに残暑見舞いの場合は「立秋」「晩夏」を使います。
    「拝啓」「敬具」などの頭語、結語はつけません。

    よく使う型を覚えよう!ビジネス向きの文例紹介

    暑中見舞いで使う文句はだいだいの型が決まっており、相手や目的に応じて型を組み合わせて文章を作ります。

    下記のような文例は一例であり、他にも様々な言い回しがあります。

    季節の挨拶例文

    • 「暑中お見舞い申し上げます。」:これが1番よく使われます
    • 「暑中お伺い申し上げます。」

    相手への敬い

    • 「貴社(貴店)におかれましては益々ご隆盛のこととお慶び申し上げます。」:会社や店舗宛に出す場合に使います
    • 「◯◯様には、いよいよご活躍(清祥)のこととお慶び申し上げます。」:個人宛に送る場合に使います

    日頃の感謝

    • 「平素は格別のご配慮(厚情)をいただき心よりお礼申し上げます。」
    • 「日頃より、格別のお引き立てを賜り、心より感謝いたしております。」
    • 「平素は、一方ならぬご愛顧にあずかり心よりお礼申し上げます。」

    安否や健康を気遣う文例

    • 「厳しい暑さが続いておりますが 皆様はお元気でお過ごしのことと存じます。」
    • 「猛暑が続いておりますが、皆様にはますますご健勝のことと存じます。」

    近況報告等の文例

    • 「私の方では…/弊社といたしましても…」:近況を簡潔に述べます
    • 「弊社では下記の予定で夏期休暇を実施させていただきますので、ご了承のほどよろしくお願い申し上げます。」
    会社の宣伝も含める場合、臨時休業のお知らせや、セールの開催期間を記すこともあります。

    結びの文例

    • 「暑さ厳しき折、貴社の(一層/益々)のご(発展/繁栄/隆盛)をお祈り申し上げます。」
    • 「皆様くれぐれもご自愛ください。」
    「平素=常日頃」「ご愛顧=目をかけてもらう」などビジネスで使う独特な言葉の意味や、文例のパターンを覚えておくと、文章が組み立てやすくなると思います。

    宛名

    • 「〇〇株式会社/〇〇部長御中」:社名や部署名で終わる場合「御中」と付けます
    • 「〇〇様」:個人の名前で終わる場合敬称「様」を付けます
    • 「〇〇様・△△様/〇〇御一同様」:複数人に宛てる場合はそれぞれに敬称を付けます。人数が多ければ「御一同様」でまとめて記します
    ハガキの表面に記載します。

    こだわりの1枚を!手作り暑中見舞いのアイディア

    暑中見舞いのデザインは、海や清流、朝顔、スイカなどの挿絵が入った涼し気なものが一般的です。しかしせっかく送るなら、相手の心に残るものを送ってみたいですよね。

    筆書きの宛名と挿絵

    文字がこなれた筆の運びで仕上がっていたら、かっこいいですね。水墨画のようなタッチなら涼しげに仕上がりそう。年配の方にも良さそうです。

    手書きのイラストと丁寧な文字

    手書きの良さはいつの時代も廃れないようです。時間のある方はぜひやってみてください。相手の心に残る暑中見舞いになるかも。

    何枚もイラストを書くのは大変という方は、「消しゴムハンコ」を活用してみてはいかがでしょうか。簡単に手作りの感満載の暑中見舞いが出来上がります。

    切手で一捻り

    切手に工夫を入れるとは思いつきませんでした。手軽にできそうですね。

    マスキングテープでアレンジ

    マスキングテープでハガキをアレンジするのもありですね。水色などの淡い色で縁取るだけでも、手の込んだハガキに見えそうです。

    ビジネス向けのものなので、基本的に「控えめ・シンプル・涼しげ」を心がけて作りましょう。

    夏の便りで心配りを!

    ちょっと億劫で、堅苦しく感じる暑中見舞いも、マナーを押さえてしまえば楽しめる文化であると思います。単なる社交辞令で終わるのではなく、信頼関係や繋がりを築く意味も込め、心を込めた1枚をしたためてみてはいかがでしょうか。

    (image by amanaimages)
    (image by 筆者)

    このライフレシピを書いた人