1. 料理
    2. 暑い日のランチに最適!「イカと夏野菜のカッペリーニ」の作り方

    暮らしの情報サイトnanapi終了のお知らせ

    2020年8月31日(月)をもってサービスを終了いたします。詳しくはこちらをご確認ください。

    暑い日のランチに最適!「イカと夏野菜のカッペリーニ」の作り方

    暑い日のランチは、あまり火を使わずに簡単にできるものを作ることが多いのですが、そうめんやざるそばには飽きてしまったようなとき、ちょっとおしゃれにカッペリーニはいかがでしょうか。細いパスタなので、普通のパスタよりつるっと食べられますよ。

    今回は手軽にできてさっぱりといただける、イカと夏野菜のカッペリーニの作り方をご紹介します。

    材料(1人分)

    • カッペリーニ用パスタ・・・80g
    • 冷凍イカ・・・80g
    • スナップエンドウ・・・7本
    • トマト・・・1/4個
    • 大葉・・・4枚
    • オリーブオイル・・・大2と1/2
    • にんにくチューブ・・・2cm

    作り方(調理時間:10分)

    STEP1:食材をカットする

    大葉は千切りにします。

    トマトは2cm角にカットします。

    STEP2:茹でる

    鍋にお湯を沸騰させ、ヘタとスジを取ったスナップエンドウを入れて中火で30秒茹でます。

    スナップエンドウを取り出した鍋に今度は冷凍イカを入れて中火で2分茹でます。

    スナップエンドウは流水にさらして冷ましてから、半分にカットします。

    STEP3:パスタソースを作る

    イカの粗熱が取れたら、大き目のボールに、イカ・スナップエンドウ・トマト・大葉を入れて菜箸で10回ほど混ぜます。

    オリーブオイル大2・塩・にんにくチューブを入れて菜箸でさらに10回ほど混ぜ、ソースを完成させます。

    STEP4:パスタを茹でて和える

    鍋にお湯を沸騰させ、袋の表示通りにパスタを茹でます。今回は中火で2分茹でました。

    パスタをザルにあげてお湯切りをしたら、オリーブオイル大1/2を入れて菜箸で麺に絡めます。

    STEP3で作ったパスタソースのボールに麺を入れて菜箸で10回ほど混ぜ、ソースと和えます。

    STEP5:完成

    パスタとその他の食材が均等に混ざったら完成です。

    作り方のコツ・注意点

    今回は大葉の風味を活かしたかったので比較的薄味になっていますが、お好みで黒胡椒を追加しても美味しいと思います。

    さいごに

    パスタにイカを入れるのは、ペスカトーレというイメージがありますが、野菜と一緒に冷たいパスタにしてもよく合いますよ。見た目もきれいでさっぱり食べられるこのレシピ、是非一度試してみてくださいね。

    (image by 筆者)

    このライフレシピを書いた人