\ フォローしてね /

夫が自慢したくなるのは料理上手な妻!料理下手をごまかして素敵な奥さんになれる5つの裏技

幸せな結婚生活を送っていくために、旦那さんからはいつも愛されていたいですよね。そのうえ、自慢の妻だと思ってくれていたりしたら、さらにハッピーなはず。

世の男性が、奥さん自慢をしたくなるポイントって一体どんなところなんでしょう?外見や性格など色々な要素がありますが、やっぱり一番は「料理上手なところ」みたいです。

やっぱり男心は胃袋でつかむものなんですね。そうは言っても、料理はあんまり‥という女性のために、料理下手をごまかして、料理上手に思わせるとっておきのウラ技をご紹介します。

誰でも料理上手な奥さんになれる!

そもそも、「料理上手だ」と自慢されている奥さんが、みんなプロ並みの腕を持っているわけではありません。旦那さんが相当なグルメでもない限り、ある程度人並み以上のものを作ることができれば、料理上手な奥さんになれるというわけです!

おいしいと思わせたい相手も料理の素人なわけですから、そんなに気負うことはありません。壊滅的な料理センスでもない限り、料理は苦手という人でも「料理上手な素敵な奥さん」になれますよ。

それでは、料理下手をごまかして料理上手に見せる方法をご紹介していきます!

裏技1:一手間加えてさり気なくアピール

いつものメニューに「一手間」加えるだけで、料理上手を演出することができます。たとえば、カレーのルーに市販のスパイスを加える、ケチャップにウスターソースを混ぜる、味噌汁の出汁を二種類使う‥など、時間もお金もかけない簡単な工夫をするだけでいいんです。

しかし、こういった「一手間」に気付く男性はそうそういません。そこで重要なのが、「今日、試しに◯◯してみた(入れてみた)んだけどどうかな?」とさり気なくアピールすることです。

そうすると、「そういえばいつもと味が違うかも」→「手間がかかってるんだな」→「料理をアレンジできるなんてすごい」→「俺の嫁は料理上手!」となるわけです。

裏技2:とにかく品数を増やす

手間ひまのかかる料理を一品作るより、調理が簡単なものをたくさん作った方が料理上手に見えます。食卓が様々なメニューであふれていると、それだけで豪華な感じがしませんか?

しかも、実際の調理時間が変わらなくても、単純に数が多い方が「手間をかけてくれている」感は強いはずです。料理が趣味でもない限り、そのメニューにかかる手間や調理時間をわかってくれる男性はなかなかいません。わかりやすく数で勝負しましょう。

裏技3:カラフルにしてごまかす

味はもちろんのこと、料理は見た目も重要ですよね。特に色に関しては、味そのものにも影響を与えるほどの要素です。たとえば、黄身の色が薄い卵よりも濃い卵の方がおいしく感じませんか?また、料理写真でもカラフルで彩度が高い方がおいしそうに見えますよね。

盛り付けるときに、パプリカなどのカラフルな食材を切って添えるだけで見た目レベルが一気にあがります。また、お皿をカラフルにするだけでもだいぶ印象が変わって見えますよ。

裏技4:文明の利器を駆使する

電子レンジや炊飯器などを使うと、難易度の高い料理を簡単に作ることもできますね。火加減の調節をする必要がないので、生焼けだったり、焦げてしまったりというトラブルを回避できます。

一見、手抜きのように思われがちですが、むしろ電子レンジや炊飯器を使ったものの方がおいしいということもあるみたいですよ。

もちろん旦那さんには電子レンジや炊飯器で作ったことはヒミツにしておきましょう。

裏技5:料理の素や缶詰を活用する

味つけの不安を解消してくれるのが市販の「料理の素」です。中華料理系やパスタソース系が王道ですが、実は他にもたくさんの種類が販売されています。自力でやるのは食材の準備くらいなので、料理下手をごまかすことが出来ますよ。

また、焼鶏缶や鯖管などの缶詰を使うのも、食材の下準備や味つけの必要がないので料理下手をごまかすにはもってこいの裏技です。たとえば、マヨネーズと和えるとか、ネギをまぶすといった簡単な手を加えるだけで、食卓を飾る一品に早変わりします。

もちろん、旦那様には内緒です!

裏技を使って料理上手な奥さんになろう!

やはり男性にとって料理上手な奥さんというのは自慢の存在のようですね。

料理は苦手‥という人はただ単に経験不足ということもあると思います。誰でも最初は初心者ですし、苦手意識を捨ててやってみれば意外とうまくいくかもしれませんよ。

ぜひ、誰でもできる裏技を使って料理上手な奥さんを目指してくださいね。

(image by amanaimages 1 2 3 4 5 6 7

このライフレシピを書いた人
このライフレシピに関係するタグ

編集部にリクエスト!

「こんなライフレシピがほしい」や「ここがわかりにくかった」などをお送りください。