1. 料理
    2. プロ直伝!ご飯が進みまくる究極のパリパリ餃子レシピ

    暮らしの情報サイトnanapi終了のお知らせ

    2020年8月31日(月)をもってサービスを終了いたします。詳しくはこちらをご確認ください。

    プロ直伝!ご飯が進みまくる究極のパリパリ餃子レシピ

    このライフレシピのもくじたたむ

    ラーメン店や定食屋に入ると、ついつい頼んでしまう餃子。自宅でもこの味を再現できたら…最高ですよね!

    そこでこの記事では、料理研究家・五十嵐ゆかりによる「おいしい!」と叫びたくなる究極の餃子レシピをご紹介します。

    材料(2人分)

    • 餃子の皮・・・・・・・30枚
    • 豚ひき肉・・・・・・・150g
    • キャベツ・・・・・・・1/6個(200g)
    • 塩・・・・・・・・・・小さじ1/3
    • ニラ・・・・・・・・・6本
    • 生姜・・・・・・・・・1片(10g)
    • しょうゆ・・・・・・・大さじ1
    • A片栗粉・・・・・・・大さじ1/2
    • Aごま油・・・・・・・大さじ1/2
    • Aこしょう・・・・・・小さじ1/6

    たれ

    • しょうゆ・・・・・・・大さじ2
    • 酢・・・・・・・・・・大さじ1
    • ラー油・・・・・・・・小さじ1/4

    その他

    • お湯・・・・・・・・・200cc
    • ごま油・・・・・・・・大さじ1

    作り方

    STEP1:キャベツをみじん切りにする

    野菜の下準備をしましょう。まずはキャベツをみじん切りにします。

    キャベツのみじん切りのやり方はこちらをチェック!「キャベツのみじん切りのやり方]

    STEP2:ボウルにキャベツを入れ、塩をもみ込んで5分程おく

    ボウルに刻んだキャベツを入れ、塩をもみ込んで5分程おきます。こうすることで、キャベツのよぶんな水分を出すことができます。

    STEP3:キッチンペーパーで包んで水気をしぼる

    キャベツの水分が出てきたら、キッチンペーパーで包んで水気をしぼります。水分をしぼっておくことで、餃子のたねがみずっぽくなるのを防ぐことができます。

    STEP4:ニラをみじん切りする

    ニラをみじん切りにします。

    ニラのみじん切りのやり方はこちらをチェック!
    ニラのみじん切りのやり方]

    STEP5:生姜はすりおろす

    生姜をすりおろします。

    STEP6:ボウルに豚ひき肉、しょうゆを入れてこねる

    ボウルに豚ひき肉としょうゆを入れ、粘りがでるまでこねます。

    はじめからキャベツなどと合わせてこねると粘りが出にくいので、豚ひき肉としょうゆのみでこねます。しょうゆに含まれる塩は味付けとしての働きもある一方、肉のたんぱく質の繊維を解体する作用もあります。そのため、塩を加えないときよりも細かな網目構造になって肉汁を逃がしにくくなります。目安は100回ほどこねましょう。

    時間をかけてこねるとひき肉が温まり、生臭くなる原因に!手早く混ぜましょう。

    STEP7:キャベツ、ニラ、生姜、Aを加えてさらにこねる

    STEP6にキャベツとニラ、生姜とAを加えてさらにこねます。

    Aの調味料=片栗粉を大さじ1/2、ごま油を大さじ1/2、こしょうを小さじ1/6

    STEP8:STEP7をティースプーン山盛り1杯とって餃子の皮におく

    STEP7をティースプーン山盛り1杯とり、餃子の皮の中央におきます。

    たねを皮にたくさんのせるときれいに包めなくなるので注意してください。

    STEP9:皮の奥側半分に水をつける

    皮の奥側半分に水をつけます。こうすることで、皮どうしがくっつきます。

    STEP10:のりをつけていない面から折り、口をふさぐ

    のりをつけていない手前から折り、右手の親指と人差し指で、右端の口をふさぎます。

    STEP11:ひだを作る

    左手の人差し指でひだを作り、右手の人差し指でひだを押さえます。この動きをくり返し、ひだを作っていきましょう。

    STEP12:フライパンに半量のごま油を引いて中火にかけ、STEP11を並べる

    作った餃子を焼きます。フライパンにごま油を挽いて中火にかけ、STEP11で作った餃子を並べます。

    残ったごま油は仕上げにまわしかけるため、とっておきます。

    STEP13:裏面が薄いきつね色になるまで焼く

    裏面が薄いきつね色になるまで焼きます。最初に少し焼いておくと、フライパンに皮がくっつきません。

    STEP14:お湯を加えて蓋をし、強めの中火で5分ほど焼く

    蒸し焼きにします。お湯を加えて蓋をし、強めの中火で5分ほど焼きます。約5分で水分が無くなり、蒸し上がります。

    STEP15:蓋を外して強火で水分を完全に飛ばす

    蓋を外し、強火で水分を完全に飛ばします。焼き目をカリッと仕上げるためにも、しっかり水分を飛ばしましょう。

    STEP16:ごま油をまわしかける

    STEP12で残しておいたごま油をまわしかけます。こうすることで、カリッと仕上がります。

    STEP17:裏面がきつね色になるまで強火で50秒〜1分程焼く。

    裏面がきつね色になるまで強火で50秒~1分ほど焼きます。焼き過ぎるとこげてしまうので、50秒~1分ほどたったら一度焼き色を確認し、まだ色が薄いようであればもう少し焼いてください。

    STEP18:しょうゆ、酢、ラー油を混ぜる

    餃子用のタレを作ります。しょうゆ、酢、ラー油を混ぜましょう。

    STEP19:盛りつけて、完成!

    STEP17をフライ返しで裏返し、器に盛ります。そこへSTEP18を添えれば完成です!

    Twitterで紹介!

    (image by 筆者)

    このライフレシピを書いた人