\ フォローしてね /

ペットと暮らしたい人必見!ペットと住める物件を探すヒント

ペットと暮らしたいと考える人が増えています。ペット保険会社のアニコムの調査によると、現在ペットと暮らしていない人の79.8%が、「動物と暮らしたい」と答えています。

とはいえ、まだまだペットと住める物件の数は少ないので、入居前にはよく調べることが大切!そこで今回は、「ペットと住める物件を探すヒント」を紹介します。

本記事は、掘り出し物件.comのご協力により、2014年に執筆されたものです。

ペット共生型物件とペット可物件との違いを知る

ペットと住める物件には、ペット共生型物件ペット可物件の2種類があります。まず、その違いを知っておきましょう。

ペット共生型物件

ペット共生型物件とは、ペットと暮らすことを前提として設計された住まいのこと。そのため、普通の住まいと異なり、ペット暮らしに配慮した設備が整えられています。

例えば共生型物件には、以下のような設備が備えられています。

  • ドッグフェンス
  • ドッグラン
  • リードフック
  • キャットウォーク
  • キャットタワー
  • ペット用ドア
  • ペット用トイレ
  • 足洗い場
  • トリミングルーム

また、傷がつきにくい壁紙や床材が使用されています。近所の人とペットを通して仲良くなりたい人や、ドッグランを利用したい人にオススメです。

ペット可物件

ペット可物件とは、管理規約でペットの飼育が認められている、オーナーがペットの飼育を認めている住まいのこと。建設段階から飼育を認めているものから、築年数が古かったり駅から遠かったりした場合に、物件の価値を高めるためペットと住めるようにしたものまで、物件の種類は多岐にわたります。

また、ペット共生型の物件ほどは飼育サポートが充実していないケースがほとんどです。家賃を抑えてペットと暮らしたい人にオススメです。

共生型物件は十分な飼育環境が整っている物件、ペット可物件は飼育環境が十分にあるわけではない物件ということです。ただし、どちらも敷金が通常より1ヶ月分積み増しになることや、家賃が若干アップすることがほとんどです。

種類別!部屋探しのアドバイス

ペットの種類によって、必要な住環境には違いがあります。また、どんな動物にでも対応可というわけでもなく、飼育数に上限があることも……。ここではペットの種類ごとに部屋探しのポイントを見てみましょう!

犬の場合

犬は散歩が必須なので、近隣に散歩コースが確保できる場所や、ドッグランが確保されている物件を選ぶのが良いでしょう。鳴き声も大きいので、鉄筋コンクリート造や防音設備の整った物件を選択するのも忘れずに!

物件によっては、大型犬はNGなところもあるので、入居前に確認をしてください。

猫の場合

猫は住人同士のトラブルにならないように、放し飼いが禁止されていることが多いです。そのため、室内で十分な運動ができる広さが必要に!爪とぎの習性があるので、壁紙や床材にこだわった物件を選びましょう。

入居条件に避妊手術が求められる場合もあります。

爬虫類の場合

爬虫類は体の構造から、脱走してしまう可能性が高いので、他の動物よりも用心しないといけません。種類によっては、臭いがきついものもいるので、消臭効果があったり、臭いの付きにくい壁紙を使用している物件がオススメです。

爬虫類自体が禁止されている物件もあるので、トラブルにならないようにきちんと確認を!

おわりに

ペットと住める物件だからといっても、住居者が全員ペットを飼っているわけではありません。守らなければならないルールやマナーには、きちんと従いましょう。引っ越し前に、犬が無駄吠えをしないように、猫が脱走をしないようにしつけるのも大切です。

また、ペットが原因で周りから苦情を出さないためにも、近所の人たちとは仲良くしましょう。引っ越しの挨拶で失敗したくない人はコチラもチェックしてみてください。

(image by amanaimages 1 2)

このライフレシピを書いた人
Banner line

編集部にリクエスト!

「こんなライフレシピがほしい」や「ここがわかりにくかった」などをお送りください。