\ フォローしてね /

濃厚でもさっぱりと食べられる!アボカドとクリームチーズの冷製パスタの作り方

ムシムシと暑い日本の夏。そんな夏のランチには、さっぱりと食べられる冷たい麺類がとても美味しいです。

冷製パスタもその1つですが、いつもさっぱりとした味付けだけだと飽きてしまって、たまにはパンチのある味が食べたくなりますよね。そこでここでは、味は濃厚ですがさっぱりと食べられる、アボカドとクリームチーズの冷製パスタの作り方をご紹介したいと思います。

材料(1人分)

  • アボカド:30~50g
  • クリームチーズ:30g
  • トマト:1/2個
  • パスタ:90g
  • 大葉:2枚
  • かつおぶし:少々
  • 塩:小さじ1/2
  • オリーブオイル:大さじ1/2
  • 黒胡椒:少々
  • レモン汁:少々
  • にんにく:少々
  • 醤油:小さじ1/2
  • わさび:少々
分量外で、パスタを茹でるお湯に入れる塩が、お湯1リットルに対して大さじ1必要です。
アボカドは、冷凍で売っているものを使いました。完熟するのを待つ必要が無いので、手軽に使えます。もちろん、生で売っているものでも構いません。

作り方(調理時間:20分)

STEP1:トマトを切る

トマトを小さめのさいの目に切って、汁ごと大きめのボウルに入れます。塩を小さじ0.5入れてざっと和え、冷蔵庫に15~20分ほど置いておきます。

トマトから出てきた水分がソースになります

STEP2:他の材料を切る

アボカドとクリームチーズを小さめのさいの目に切ります。大葉は茎を取って千切りにします。

STEP3:アボカドに味をつける

アボカドのボウルに醤油とわさびを入れて、ざっと和えます。

STEP4:パスタを茹でる

たっぷりのお湯に塩を入れ、パスタを茹で始めます。

茹でる時間は、袋に書いてある時間から2分ほど長めにします。1.6mmのパスタだと、袋には7分と書いてあることが多いと思いますが、9分くらいが目安です。

STEP5:パスタを冷水でしめる

ざるで茹で上がったパスタのお湯を切り、たっぷりの氷水に入れてしめます。

パスタを洗う必要はありませんが、ざっと混ぜてなるべく早く冷えるようにします。

STEP6:ソースを作る

冷蔵庫に置いてあったトマトに、オリーブオイル、黒胡椒、レモン汁、すりおろしたにんにくを入れて、さっと混ぜます。

トマトやクリームチーズに酸味があるので、レモン汁はほんの少しで良いです。にんにくのすりおろしは、直径3mm程度です。写真のスプーンに塗っている程度の量です。

STEP7:パスタと和える

トマトのボウルに、アボカド、クリームチーズ、千切りにした大葉の半量を入れます。

パスタは、ざるで水気を切った後、更にキッチンペーパーで水気を取ってボウルに入れます。

材料とパスタをよく和えます。

STEP8:出来上がり

お皿によそって、残りの大葉とかつおぶしを少々振って出来上がりです。

作り方のコツ・注意点

パスタの茹で時間は長めにする

温かいパスタでは、ソースと絡める間に火が通るので袋の時間よりも短めに茹でますが、冷製パスタの場合には、氷水でしめるので、温かいパスタとは逆に袋の時間よりも長めに茹でます。

一番細いカッペリーニでは、袋の時間+1分。もう少し太い、フェデリーニからスパゲッティくらいだと、袋の時間+2分が茹で時間になります。

パスタの水分をしっかりと取る

冷製パスタのソースはパスタに絡みにくいので、パスタの水分をしっかりと取る必要があります。

まず、冷水から取り出したパスタは、金ざるでしっかりと水気を切ります。

その後、パスタをひとつまみずつキッチンペーパーで挟んで水分を取ってから、ソースのボウルに入れます。

レモン汁とすりおろしにんにくはほんの少し

どちらもほんのりと風味がする程度の量で構いません。

1人分では、レモン汁は 1ccの1/4~1/3くらい(1cm角で1ccです)。すりおろしにんにくは、直径3mm程度の粒くらいです。STEP6の写真を参考にしてください。

おわりに

アボカドと合わせる具材は、マグロや海老が定番ですが、ここではクリームチーズを使いました。濃厚な味のアボカドと酸味があるトマトを、クリームチーズがうまく調和してくれて、とても美味しい組み合わせです。是非、試してみてください。

(image by 著者)

このライフレシピを書いた人

編集部にリクエスト!

「こんなライフレシピがほしい」や「ここがわかりにくかった」などをお送りください。