\ フォローしてね /

まるでホテル?サポート充実の単身赴任専用「サービスアパートメント」とは

サービスアパートメントとは、家具や生活に必要なものがそろった状態で入居することができる賃貸物件のことです。元々は海外で広まったもので、ただ家具がついているだけでなく、フロントが常駐していたり、食事のサービスがあったりと、急な異動や単身での滞在にも便利な点が特徴です。

ここでは、サービスアパートメントを利用する人の中でも、「単身赴任」をされる方に焦点をあて、利用する際のポイントをご紹介いたします!

本記事は、専門家プロファイルのご協力により、2014年に執筆されたものです。

サービスアパートメントとは?

サービスアパートメントはホテルと賃貸マンションの中間と言われることもあり、基本的には賃貸物件です。法人契約で、会社員の方や海外からの駐在の方などが利用されるパターンが多いようです。

サービスアパートメントには、ホテルと違ってキッチンや洗濯機がついており、自活するための家という前提があります。必要な家具や家電、食器や調理器具などもあらかじめそろえられており、すぐに暮らし始めることができます。

一般賃貸マンションとの違いは、基本的にはどの物件にもフロント(管理人)がおり、宅配やクリーニングの取り次ぎ、丁寧なところでは朝食・夕食のサービスや室内の清掃などもサービスに含まれる点です。

その分、賃料はやや高めに設定されており、賃貸情報誌などで「サービスアパートメント」を探すと、月額で10万円台、高いところでは100万円を超すという物件も。ただし、本来のサービスアパートメントであれば敷金・礼金がないので、初期費用を考えるとお得とも言えます。

サービスアパートメントの契約手続きやシステムについては、物件や地域によって異なります。

期間に応じて検討したい

賃料が高いと言っても、1ヶ月まるまるホテルに泊まるよりは安く済みますし、新しい賃貸物件用に家電や家具を新調することを考えると、1ヶ月~半年程度の出張であれば、サービスアパートメントは「予算を抑えたい」という方にうってつけの物件だと言えるでしょう。

また、1年以上の単身赴任の場合に検討したいのが、「単身赴任専用サービスアパートメント」です。

単身赴任専用サービスアパートメントのポイント

特に「単身赴任」の方にとって、注目すべきはサービスの内容や備品ではないでしょうか。家賃や保証金(敷金など)が安いからといって安易に飛びついてしまっては、失敗しかねません。しっかりとサービス内容を確認しましょう。

一般賃貸マンションの中には、近年、家具と家電が付いているだけで「単身赴任者向けマンション」「サービスアパートメント」と表示している物件も出てきていますが、厳密にはこうした物件はサービスアパートメントとは言えないでしょう。

以下に、通常、単身赴任専用サービスアパートメントで提供されているサービスをご紹介します。

単身赴任の方に安心のサポート

単身赴任の不安は、これまで例えば奥様にお願いしていた家事や、不在時の対応など、さまざまなものがあると思います。

  • 窓を閉め忘れてしまった!
  • 宅配便が届くけれど受け取れない!
  • 長期出張で部屋の換気ができない!

結婚後の生活で一人暮らしの要領を忘れてしまうと、こんなことも、意外と悩みになるものです。

しかし、フロントスタッフがいる単身赴任専用サービスアパートメントを選べば、宅配便やクリーニングの取り次ぎなどはもちろん、勤務先でうっかりミスに気付いても、出先から連絡すればちょっとした頼みも聞いてくれます。安心して仕事をするためにも、フロントスタッフがいる物件を探すことをおすすめします。

サービス内容をしっかりチェック

フロントスタッフ以外にも、単身赴任専用サービスアパートメントには入居者をサポートするサービスがたくさんあります。

  • 毎日の食事や掃除まで手が回らない
  • リネン類の洗濯が大変

そんな仕事に追われる単身赴任者ならではの悩みにこたえる無料朝食サービス、無料洗濯サービスなどを実施しているところも。

単身赴任のときは、部屋に帰るといつも1人です。家族に囲まれた生活から一転、寂しさを感じてしまう方も多いかもしれません。そんなときに嬉しいのは、人の気遣いに溢れたサービスですよね。

サービスアパートメントを探すときには、単に「単身赴任者向け」と書いてある物件だからと安心せず、サービスの内容をしっかり確認されることをおすすめします。

不動産会社の選び方

単身赴任専用のサービスアパートメントを探す場合は、できれば法人契約専門で、単身赴任専用の物件を中心に取り扱う不動産会社が最適です。もし、赴任期間が決まっていないという場合でも、まずは専門の不動産会社に相談されることおすすめします。

単身赴任専用サービスアパートメントのオーナーさんの条件をしっかり把握した上で、借主となる会社とも長くお付き合いしている不動産会社なら、手続き上必要な確認事項もしっかりチェックしてくれますし、入居後なにかあっても不動産会社経由で調整できる場合が多いのです。

不動産会社を探すコツ

単身赴任専用のサービスアパートメントを扱っている不動産会社を探す場合は、大手の賃貸情報誌・ポータルサイトは使わないことが最大のポイントです。これらの媒体は一般賃貸マンションを扱う地域密着型の不動産会社が主な出稿元であり、そういった会社は法人契約に慣れておらず、単身赴任専用サービスアパートメントの物件自体も取り扱いがない場合がほとんどです。

通常、単身赴任専用サービスアパートメントは、入居者や法人総務担当者からの紹介がほとんどだそうですが、ご自身で探す場合には、インターネットで「赴任先の地域名 単身赴任専用」「単身赴任専用アパートメント」などのキーワードで、直接不動産会社を探すのがおすすめです。

また、不動産会社のホームページに「法人向け」「社宅契約」のメニューがあるかどうかも、チェックポイントの一つです。

サービスアパートメントを賢く利用して、単身赴任も快適に

最近は家具付き・家電付きマンションなども増えてきていますが、人が介在して日常生活をサポートしてくれるのが単身赴任専用サービスアパートメントの特徴です。

仕事を抱える単身赴任の会社員の方なら、ニーズに応じて利用したい便利なサービスです。ご利用者の中には、ご本人より奥様の方が安心して契約されるケースも多いとか。

専門の不動産会社に相談して、納得のいく物件を見つけましょう!

こちらの記事は、専門家プロファイルより不動産の専門家・佐名川 修さんにご提供いただきました。
記事提供元:専門家を探せる、相談できる。専門家プロファイル

(image by amanaimages 1 2)

このライフレシピを書いた人
Banner line

編集部にリクエスト!

「こんなライフレシピがほしい」や「ここがわかりにくかった」などをお送りください。