1. 料理
    2. 食感とのどごしを味わう!牛乳餅のレモンシロップ漬けのつくり方

    暮らしの情報サイトnanapi 更新停止のお知らせ

    2019年6月30日(日)をもって更新を停止致します。詳しくはこちらをご確認ください。

    食感とのどごしを味わう!牛乳餅のレモンシロップ漬けのつくり方

    nanapi
    nanapi
    nanapi
    nanapi
    nanapinanapinanapinanapi
    ここがおすすめ
    かかる手間
    Image cooktime02
    食べられるまで
    100

    編集部からのポイント

    • モチモチ食感

      ひんやりツルンなのどごしとモチモチ食感のデザート

    • 身近な材料で

      どこの家庭にもある少ない材料だけで作れる

    • 手順もシンプル

      温めながら混ぜ固めて、冷やせば完成のシンプル手順

    • 材料(2人分)

      牛乳餅

      • 牛乳…200ml
      • 片栗粉…大さじ3
      甘くしたい場合は砂糖を追加
      一緒に作るレモンシロップに砂糖を入れるので、甘さ控えめにしたい場合はこのままがオススメです。牛乳餅自体も甘くしたい場合は、お好みで砂糖(大さじ2程度)を追加してください。ミルク感を強調したい場合は、練乳を加えても美味しいです。

      レモンシロップ

      • 水…100ml
      • レモン汁…小さじ1
      • 砂糖…大さじ3
      砂糖の種類は何でもいいの?1
      上白糖でもグラニュー糖でも何でもOKです!ただ、三温糖やきび砂糖、てんさい糖などの茶色い砂糖を使うと、シロップもうっすら茶色になるので、透明に仕上げたいなら白い砂糖を使いましょう。
      レモンシロップ以外も美味しい
      レモンシロップ以外にもきな粉や黒みつ、抹茶、シナモンシュガー、練乳、ハチミツ、チョコソースなどをかけても美味しいですよ!2

      作り方(調理時間:10分+冷やす時間)

      1牛乳に片栗粉を混ぜる

      冷たい小鍋に牛乳と片栗粉を入れます。

      片栗粉は水に溶けず、すぐに沈殿してしまうので、木べらやゴムべらなどでよくかき混ぜます。

      へらじゃないとダメなの?3
      箸や泡立て器では、しっかりと混ぜられず、均一に固まらないので失敗の原因となります。また、徐々に粘りの強い餅状になるので、強度の面でも混ぜられなくなります。しゃもじでもいいので、平らなもので混ぜましょう。

      2牛乳が餅状になるまで混ぜ続ける

      弱火~中火にかけて、木べらなどで絶えずかき混ぜながら温めます。

      たまに混ぜるだけじゃダメなの?4
      ここで混ぜる手を休めると、部分的に固まってしまい、食感も悪くなります。必ず、火にかけてからはずっと混ぜ続けてください。

      固まり始めたら弱火にする

      粘りが出て、固まり始めたら弱火にして、さらに4分ほど混ぜ続けてください。 粘り気が強くなり、重たくなってきたら火からおろします。

      逆に火にかける時間が長くなるとどんどん固くなり、ぼそぼそとした食感になるので加熱時間は守ってください。

      しっかり混ぜ続ける
      はじめはなかなか固まりませんが、固まりだすと一気に固まります。固まり始めてから1~2分加熱した状態だと、まだ片栗粉の粉っぽさが残っているので、慌てずにしっかりと混ぜ続けてください。 5

      3容器に移して冷やす

      固まった牛乳餅を水で濡らしておいた器に移します。器を水で濡らしておくと、あとで餅が取り出しやすくなります。

      触れるくらいまで温度が下がったら、冷蔵庫で1~2時間冷やして固めます。

      2時間以内が食べごろ
      牛乳餅を長時間冷蔵庫に入れると硬くなって、味が落ちます。1~2時間後の一番美味しいうちに食べきりましょう。6

      4シロップの材料をレンジで温める

      耐熱容器に水と砂糖、レモン汁を入れ、砂糖が完全に溶けるまで600Wのレンジで1分ほど温めます。

      シロップをレンジから取り出してよく混ぜ、そのまま冷蔵庫に入れて1時間ほど冷やします。

      5牛乳餅を切り分ける

      固まった牛乳餅を器から取り出し、食べやすい大きさに切ります。

      キレイに切るコツ
      切るたびに包丁を水で濡らすと、餅がくっつかずにキレイに切れます。小さく切らずに、そのままシロップをかけてスプーンですくって食べてもOKです。

      6レモンシロップに入れて完成!

      レモンシロップの中に牛乳餅を入れたら完成です。

      暑い日のデザートにぴったり!

      もちもちの牛乳餅をシロップと一緒に食べることでツルンとしたのどごしになり、しっかり冷して食べれば暑いときのデザートにぴったりです。

      甘さも自由に調節できるので、子どものおやつにもオススメです。

      どこか懐かしいデザートをぜひお楽しみください。

      (image by 筆者)
      (image by nanapi編集部)

      追記した箇所一覧

      • 12018年04月20日「砂糖の種類」について追記しました。
      • 22018年04月20日「シロップのアレンジ」について追記しました。
      • 32018年04月20日「へらで混ぜる理由」について追記しました。
      • 42018年04月20日「混ぜ続ける理由」について追記しました。
      • 52018年04月20日「加熱時間」について追記しました。
      • 62018年04月20日「食べごろ」について追記しました。
      このライフレシピを書いた人

      Twitterで紹介!

      nanapiモーメントで紹介しているツイートです。