\ フォローしてね /

おろしポン酢でさっぱりといただく!豚しゃぶしゃぶの冷製パスタの作り方

暑い日が続くとどうしても冷たいもので簡単にご飯を済ませがちですが、体力が落ちてしまうのでお肉もしっかりと食べたいところです。

そこでここでは、豚肉の冷しゃぶをパスタの具材に使ったレシピをご紹介します。消化を助ける働きがある大根おろしをポン酢しょうゆで味付けしてソースに使います。

材料(1人分)

  • パスタ:90g
  • 豚バラ:30~40g
  • ポン酢しょうゆ:大さじ2
  • 小ねぎ:1本
  • 大根:4~5cm程度
  • 塩:お湯1リットルに対して大さじ1

作り方(調理時間:15分)

STEP1:パスタを茹で始める

たっぷりのお湯に塩を入れ、パスタを茹で始めます。

茹でる時間は、袋に書いてある時間から2分ほど長めにします。1.6mmのパスタだと、袋には7分と書いてあることが多いと思いますが、9分くらいが目安です。

STEP2:小ねぎを切る

小ねぎをみじん切りにします。

STEP3:大根おろしを作る

大根の皮をむきます。

おろし器で大根をおろします。

STEP4:ポン酢しょうゆで味をつける

大根おろしにポン酢しょうゆを入れます。

よく混ぜ合わせます。

大根おろしの水分は切らずに、そのまま使います。

STEP5:パスタを冷水でしめる

茹で上がったパスタをトングでざるに移し、お湯を切ります。

パスタをたっぷりの氷水に入れてしめます。

パスタを茹でたお湯は捨てずに残します。

STEP6:パスタを和える

STEP4の大根おろしの半量をボウルに取ります。

パスタの水気をざるで切った後、更にキッチンペーパーで水気を取ってボウルに入れます。

氷水は、後の手順で豚肉を冷やすのに使いますので、捨てないでください。

大根おろしとパスタをよく和えます。

STEP7:豚肉を茹でる

パスタを茹でたお湯にもう一度火をかけ、豚肉を茹でます。

色が変わるまで30秒ほど茹でたらざるに取り出します。

氷水のボウルに移して、豚肉を冷やします。

STEP8:出来上がり

お皿にパスタをよそり、STEP6の豚肉の水分をキッチンペーパーで取ってから乗せます。STEP4の残りの大根おろしをよそり、STEP2の小ねぎを散らして出来上がりです。

作り方のコツ・注意点

パスタの茹で時間は長めにする

温かいパスタでは、ソースと絡める間に火が通るので袋の時間よりも短めに茹でますが、冷製パスタの場合には、氷水でしめるので、温かいパスタとは逆に袋の時間よりも長めに茹でます。

一番細いカッペリーニでは、袋の時間+1分。もう少し太い、フェデリーニからスパゲッティくらいだと、袋の時間+2分が茹で時間になります。

パスタの水分をしっかりと取る

冷製パスタのソースはパスタに絡みにくいので、パスタの水分をしっかりと取る必要があります。

冷水から取り出したパスタは、金ざるでしっかりと水気を切った後、パスタをひとつまみずつキッチンペーパーで挟んで水分を取ります。

豚肉を茹でるのは、パスタの後で

光熱費がもったいないので、ひとつの鍋でパスタと豚肉を茹でました。豚肉はパスタが茹で上がった後に茹でてください。豚肉を先に茹でたお湯でパスタを茹でると、肉の臭みがパスタに移ってしまいます。

おわりに

最近は、出汁で味をつけたポン酢や、シソの風味がするポン酢しょうゆなど、色々な種類が売っていますので、そちらを使っても美味しく召し上がれます。辛いものがお好きな方は、一味唐辛子がお勧めです。パスタに乗せた大根おろしに、少々振ってください。

作り方は簡単ですので、是非、試してみてください。

(image by 筆者)

このライフレシピを書いた人

編集部にリクエスト!

「こんなライフレシピがほしい」や「ここがわかりにくかった」などをお送りください。