\ フォローしてね /

おしゃれな洋食メニュー!冬瓜を使ったラタトゥイユの作り方

和食に使うことが多い冬瓜ですが、洋風のラタトゥイユはいかがでしょうか。他の野菜のうま味をたっぷり吸いこんで柔らかく煮えるので、夏バテのときにもおすすめです。

あら熱がとれたあと、または冷蔵庫で冷やしてから食べたほうが味がなじんで美味しいです。

材料(4~5人分)

  • 冬瓜:大1/8個
  • トマト:2個
  • パプリカ:1個
  • ズッキーニ:1本
  • 玉ねぎ:1/2個
  • かぼちゃ:1/8個
  • ニンニク:1片
  • オリーブオイル:大さじ2~3
  • 塩:小さじ1
  • 乾燥オレガノ(あれば):少々
野菜はお好みのものを使ってください。余り野菜の消費にもなります。

作り方(調理時間:60分)

STEP1:トマトを湯むきする

トマトのヘタをとって、お尻に十字の切れ目を入れます。そこに熱湯を回しかけて湯むきし、種ごとざく切りにします。

STEP2:野菜を1口大に刻む

玉ねぎ、ズッキーニ、パプリカ、かぼちゃをひと口大に刻みます。

冬瓜は種を取り、皮をむいてからひと口大に刻みます。ニンニクは皮と芯を取り、薄切りにします。

STEP3:オリーブオイルで炒める

厚手の鍋にオリーブオイル大さじ2杯を入れて弱火で温め、ニンニクを入れます。ニンニクの香りがしてきたら、玉ねぎを入れてしんなりするまで中火で炒めます。

パプリカ、冬瓜、ズッキーニの順番に、同じ要領で「しんなりしたら次の材料を入れる」作業を繰り返していきます。

オイルが足りない様子でしたら、途中で少しずつ足しながら炒めてください。

STEP4:トマトと調味料を加えて煮る

トマトを汁ごと加えて、塩、オレガノを振りざっと混ぜます。ふたをして、蒸気が出てきたら弱火にして10分煮ます。

STEP5:かぼちゃを加えて水気を飛ばす

かぼちゃを加えてざっと混ぜて、ふたを外したまま少し火を強めて、水気を飛ばすようにさらに10~15分煮ていきます。

かぼちゃは煮崩れしないように最後に加えます。かぼちゃを加える時点で材料がつかるくらいの水分が出ているはずですが、もし少ないようでしたら、ふたをして焦げつかないように注意しながら煮てください。

STEP6:完成!

少し水分が残っているくらいで火を止めて、あら熱がとれたら完成!

作り方のコツ

出来上がったラタトゥイユは、パンにのせたりパスタの具にしたりしても美味しいですよ。

(image by 筆者)

このライフレシピを書いた人

編集部にリクエスト!

「こんなライフレシピがほしい」や「ここがわかりにくかった」などをお送りください。