\ フォローしてね /

脱・出会いジプシー!忘れた頃にステキな出会いがやってくる4つの理由

「恋人がほしい!」「結婚したい!」と出会い探しに躍起になっていませんか?合コンや友達の紹介、イベントなどに積極的に参加するものの、なかなかうまくいかない現実にぐったり…なんてこともありますよね。

そんななか、「婚活をやめたら恋人ができた」「諦めたころに今の旦那と出会った」といった話を聞いたことはありませんか?

もしかしたら、いい出会いがないのは恋人探しに盲目になっているせいかもしれません。そこで今回は、忘れた頃にステキな出会いがやってくる理由についてご紹介します。

忘れた頃に「ステキな出会い」がやってくる4つの理由

1:自分に余裕ができるから

恋人を求めているときは、気持ちが焦って余裕がなくなりがちです。ガツガツとした必死感が相手に伝わり「エネルギーを奪われそう…」なんて思われてしまうことも。相手の人となりを見ようとせずに、自分のメリットしか考えていないことが自然と伝わってしまいます。

反対に、恋人探しを忘れた頃には気持ちにゆとりができています。相手の気持ちや考えをきちんと見つめ、自分から相手を「ステキだな」「好きだな」と心を開いていくので些細な出会いのチャンスも逃さずにすむようです。

自分の気持ちではなく、相手の気持ちに目を向けることが大切なんですね。

2:視野が広がるから

恋人探しを最優先しているときは、周りを見渡せずに盲目的になりがち。休日の予定も合コンやイベントの参加がメインになり、友達や自分の趣味が後まわしになることもあるのではないでしょうか?恋人を求めて手当たり次第に参加を繰り返しても、視野は狭まるばかりです。

出会い探しをやめると、趣味や友達との関係にも目が向けられるようになり、恋愛ではない場所からの出会いの扉が開かれるようになります。「昔の同級生と付き合うことになった」「趣味で通っていた陶芸で…」なんてことが多いのも、身近な人の存在に気づけたということが大きいのかもしれませんね。

出会いに夢中になって友達に不義理をしないようにしたいものですね。

3:友達からスタートできるから

出会いを求めているときは、異性というだけで恋愛対象としてジャッジしてしまうもの。出会った瞬間から恋人として相手を意識し、「あり」「なし」の判断をすぐにくだそうとします。そのため、育んでいけば実を結びそうな愛も、芽が出る前に自分から切ってしまうことになります。

また、友達から交友関係を広げられるのに「恋人を探している」ということしか見えていないために、出会いの範囲を狭めてしまっていることも。対象にならない相手からの食事の誘いを簡単に断ってしまうことで、「出会い」の可能性もつぶしていたのです。

恋人探しをやめて、友達からゆっくりと関係を築きはじめることで、相手の人となりや性格をきちんと知ることができます。恋愛とはいえ、人と人とのつながりです。信頼できる人間関係を持つことが一番大切です。

友達から恋に発展することも、友達の友達と恋に発展することも両方あり得ます。

4:素の状態になるから

恋活や婚活に夢中になるあまり、相手から好かれようと自分を偽ってしまうこともあるのではないでしょうか?自分のよさを相手に伝えることができずに、上辺だけの関係を築くことになってしまいます。無理をして演じていても疲れてしまうだけで時間の無駄です。「好かれたい」と必死なうちは、相手のこをと知ろうとする余裕がありません。

「恋はしばらくしなくてもいいかな…」と思ったら、素の状態の自分で過ごせすことができます。出会った人とも自分を取り繕うことなく話せるので、相手からも「居心地がいいな」「話しやすいな」と思われて恋に発展しやすくなることも。

結局は「ありのままの自分」でいることが大切なのかもしれません。

「出会い探し」はお休みしよう!

ステキな出会いがほしいなら、衝動的な出会い探しはお休みすることが大切。苦手な合コンに参加して無理をする必要はありません。とはいえ、ただ引きこもっていても出会いはやってこないもの。大切な友達と会い、趣味を充実させながら外に目を向けていれば、きっとステキな出会いが運ばれてくるはずです。

(image by amanaimages1 2 3 4 5 )

このライフレシピを書いた人
Banner line

編集部にリクエスト!

「こんなライフレシピがほしい」や「ここがわかりにくかった」などをお送りください。