\ フォローしてね /

徳島を1泊2日で満喫!よくばりさんにもオススメな旅行体験談

はじめての徳島。よくばり女子2人で巡った名所巡りプランをご紹介します!

筆者が経験した徳島旅行の概要

  • 旅行時期:2013年9月末
  • 旅行日程:1泊2日
  • 誰と行ったか:女友達
  • 移動手段:バス、電車、タクシーなど
  • 訪れたエリア:鳴門海峡、徳島駅、霊山寺、大歩危渓谷

旅行詳細

今回は低予算・濃縮旅行!航空券とビジネスホテルがセットになっているJALのプランをネットで予約しました。

朝に羽田空港を経ち、徳島空港に11時過ぎに到着。いよいよ小旅行のはじまりです。

うずしお観潮船

向かうは鳴門!「世界三大潮流」の鳴門海峡は見逃せないでしょう!

  • アクセス:空港からバス移動(約20分ほど)「鳴門観光港」で下車
  • 所要時間:約30分
  • 料金:1,580円(小学生790円)

案内所で「わんだーなると」乗船券を購入します。

船はとてもきれいでしっかりとした印象。船内には椅子もあるので、お年寄りには親切。揺れもさほど感じなかったので、船酔いの心配も少ないかと思います。

ちょっと日差しが気になっても、外で待機することをおすすめします!行きは「向かって左側」に陣取って、うずしおを観賞しましょう!

淡路島と鳴門を結ぶ「大鳴門橋」をちょうどくぐり抜けると、うずしおの発生です。荒々しい波が豪快な飛沫をあげているのには圧巻!運が良くないとなかなか渦がわからないので、目を離すことなく、観賞。自然の力は恐ろしくもあり、きれいですね。天気もよかったので、遠くから見に来て良かったです。

写真に取るときは大鳴門橋を入れたり、他の船を入れるのがポイントです!渦潮だけだとただの波に見えますからね。

大潮の時間帯がオススメなので、当日の大潮時間を確認してから予定をたてましょう!下記のWEBサイトで、運行スケジュールから予備知識、ネット予約まで非常にわかりやすく掲載されています。

四国八十八箇所一番札所 霊山寺(りょうぜんじ)

四国といえば、お遍路ですね。徳島県にはそのスタート地点一番札所 霊山寺があります。

鳴門駅→板東駅まで約42分、2両ほどのローカルな電車でゆっくり向かいましょう。

霊山寺の前では、何ともコメントし難い美形のマネキンが出迎えてくれます。境内外に総合案内所があり、お遍路の巡礼用品(金剛杖と遍路笠など)が購入できます。お遍路さんの気分が少し味わえます。

寺社好きな筆者としては、とても楽しめました。他の寺とはちょっと変わった置物やレイアウト、空気感があり、驚きでいっぱいでした。

長い間、何万人もの巡礼者を迎えてきた1番さん。どんな方も受け入れるフランクな印象も同時に感じました。

納経印扱い時間は7:00~17:00。売店も17時には閉まってしまいます。

すぐ近くに約1kmほど西には第二札所「極楽寺」がありますので、お時間がある方はぜひ!

徳島ラーメン

徳島駅に戻り、時刻は19時頃。有名な徳島ラーメンを食べたい!とのことで、訪れたのが「銀座一福」

はじめての徳島ラーメンは王道を!昔ながらの中華屋さんの風貌で、「徳島に溶け込んでいるなぁ〜」という気持ちになるくらい、地元っぽさを感じました。

ワンタン麺 (肉入り)がドドーンと現れ、うわぁこれはコッテリ…と思いきや、見た目よりさっぱりしていて、女子でもスープまで飲み干せます。

チャーシューが苦手な筆者としては、徳島ラーメンの特徴でもある豚バラ肉が嬉しかったです。

祖谷渓観光(大歩危)

旅行2日目。朝9時に出発し徳島の西、祖谷渓を目指しました。

  • 徳島駅→大歩危駅(約1時間半:3,690 円※当時)

このエリアはバス観光などがあり、一般的には大歩危の宿に泊まってゆっくり観光するエリアです。しかし、今日の夕方に飛行機で帰る筆者たちには、時間制限の問題がありました。

「どうしても半日で周りたい!」「自由なツアーがいい!」この願いを祖谷渓タクシーが叶えてくれました!

祖谷渓は急勾配な渓谷で、車1台が通るのがやっとの道がほとんど。初心者がレンタカーで回るには厳しい場所です。ここは観光のプロに任せましょう。

事前に電話・メールなどで予約をし、時間と予算、観光スポットの打ち合わせをしておきましょう。親身になって観光プランを提案していただけるので安心で、当日は気持ちもラクでした。

  • 料金定額観光タクシー:料金8,500円 約3時間コース(4人までOK)

筆者たちは、【大歩危駅→祖谷渓谷・小便小僧→祖谷のかずら橋→びわの滝→大歩危峡遊覧船のりば】と回りました。これだけのポイントを短時間で巡るには、タクシーしかないと思います。バスは場所や時間の制限があり、自由さがありません。

タクシーなら「ちょっとここで写真を撮りたいなぁ〜」というちょっとした融通というのが他の交通機関よりも効きます。

またタクシーの運転手さんは、もともと地元の方らしく、とても人柄の良い人でした。観光名所はもちろんのこと、この土地の暮らしや知恵、祖谷渓あるある話などを聞いて、とても有意義な時間を過ごすことができました。

ちなみに祖谷渓谷・小便小僧は、断崖絶壁にいる小便小僧。かつてこの崖で度胸試しをする青年がいっぱいだったそうです。祖谷渓の絶景を背になんで小便してるんだよ〜と思いましたが、下には祖谷川が流れていますから、シンボルマークとしては意外と様になっているようです。みんなここでは笑って写真を撮っている、そんな楽しい珍スポットでした。

大歩危峡観光遊覧船

最後は大歩危峡観光遊覧船で吉野川上流を満喫。白くゴツゴツした断崖が綺麗に侵食されている様子を見ることができます。

旅行の良かったところ・イマイチだったところ

良かったところ

海の幸、山の幸ありで、食べ物ツアーには持ってこいの徳島県。どこに行っても人柄がとてもいいです。

イマイチだったところ

特に思い当たらないのですが、強いて言うならば、お店がお昼休みを取るため、お昼を食べ損なうリスクがあります。

これから徳島旅行に行く方へアドバイス

観光名所はそれそれ距離があるため、事前のプランニングが重要です。

服装は祖谷渓は少し肌寒く感じるかもしれないので、季節に合わせて上着を。徳島駅周辺は都会なので、何かあっても十分対応できますが、他の駅は思った以上に何もないです。

おわりに

見どころいっぱいの四国・徳島!2日でも充分満喫できます。また行きたいと思っています!

(image by 筆者)

このライフレシピを書いた人
このライフレシピに関係するタグ
Banner line

編集部にリクエスト!

「こんなライフレシピがほしい」や「ここがわかりにくかった」などをお送りください。