\ フォローしてね /

スタジオジブリの世界観と日本の歴史を楽しめる!愛媛・道後温泉旅行体験談

スタジオジブリ作品「千と千尋の神隠し」の舞台になったと言われる道後温泉の旅行体験談をご紹介します。

筆者が経験した愛媛県・道後温泉旅行の概要

  • 旅行時期:2008年10月上旬
  • 旅行日程:1泊2日
  • 誰と行ったか:友人
  • 移動手段:車
  • 訪れたエリア:愛媛県松山市・道後温泉

旅行詳細

千と千尋の神隠しの世界観を楽しむため、道後温泉を訪れました。アニメで見たイメージを崩すことのない、木造の重厚感ある建物に感動しました。

当初の道後温泉の目的は、その世界観だけを楽しむことでしたが、訪れてみるとさまざまな歴史に触れることができたので、とても充実した時間を過ごすことができました。

道後温泉とは

道後温泉は日本最古の温泉とも言われており、道後温泉本館は明治27年に建てられたとても古い建物です。

建物は国の重要文化財に指定されており、温泉の癒しだけではなく歴史の深さを感じることができる場所です。

道後温泉の楽しみ方

道後温泉は、温泉だけではなく歴史的な要素も多く含んでいます。愛媛県にゆかりのある夏目漱石が当時湯上りにくつろいだとされる間を再現した「坊ちゃんの間」などで、夏目漱石についても知ることができます。日本唯一の皇室専用浴室もあるんですよ。

また、時を知らせる「刻太鼓」が、開館を告げる6時、正午、18時に打ち鳴らされ、温泉情緒やスタジオジブリの世界そのものを体感することができます。

湯上り後は、2階のお席でお茶とお茶菓子のおもてなしを受けられます。ゆっくりと時間を過ごせました。

入浴料は、2階神の湯(浴衣、お茶、おせんべい付き)を利用して、大人1人840円でした。また、館内の又神殿の拝観料は大人1人240円でした。

道後温泉情報の詳細はこちら

坊ちゃんからくり時計

当日の到着は、ちょうどお昼頃でした。道後温泉の近くで、愛媛にゆかりのある夏目漱石の坊ちゃんがモチーフとなっている「坊ちゃんからくり時計」がお出迎え。

この近辺は、足湯が楽しめるところも多く、もう少し時間があれば温泉めぐりなども楽しみたかったです。

伊佐爾波神社(いさにわじんじゃ)

由緒ある伊佐爾波神社は、神殿まで135段の階段を登らなければいけません。この135段の階段が、ある意味力を使うパワースポットですが、登り切った後の爽快感や神殿の美しさには圧巻です。

旅行の良かったところ・イマイチだったところ

良かったところ

道後温泉は松山空港からもアクセスが良く、時間などが制限されている旅行でも十分に楽しむことができると思います。

道後温泉本館のまわりにも、お食事処など休憩をしたり、近所を散策して楽しめる場所が多く、見て回るところがたくさんありますので、一つの場所でも十分に楽しめました。

イマイチだったところ

道後温泉本館は、入浴に時間制限があります。温泉自体はいくつもお湯の種類があるわけではないので、時間制限があっても良いのですが、どうしても時間が気になってゆっくりできなかったように感じました。

観光に特化している地区のようだったので、リーズナブルな雰囲気ではなかったのが少し残念に感じました。

これから愛媛旅行に行く方へアドバイス

愛媛県はみかん以外のイメージがつきにくい土地だったのですが、歴史的な建物やゆかりのある人物も多く、観光ガイド本を見るときに一緒に少し歴史を勉強してから訪れるとより楽しめると思います。

また、それぞれの地域で観光スポットが集中しているように感じたので、見て回りたいところをしっかりと計画立てておくと無駄な時間がなく、たくさんの場所を観光できると思います。

おわりに

旅行の当初の目的は、ただただアニメの世界観を楽しみたいだけでしたが、それ以外の部分を知ることもできましたし、歴史の深さにさらに日本を好きになるきっかけともなりました。

ぜひ参考にしてください。

(image by 筆者)

このライフレシピを書いた人
Banner line

編集部にリクエスト!

「こんなライフレシピがほしい」や「ここがわかりにくかった」などをお送りください。