\ フォローしてね /

給料日前のお助けレシピ「さんま缶で作る丼物」の作り方

給料日前など食費を節約したいときに重宝するのが“缶詰め”です。今回は、さんまの蒲焼き缶を使った「さんまの玉子丼」を紹介します。材料もシンプルで、短時間でボリュームある一品が作れます。

材料(2人分)

  • さんまの蒲焼き缶…1缶
  • 玉ねぎ…1/2個
  • 卵…2個
  • 酒…大さじ1
  • しょうゆ…大さじ1
  • しょうがチューブ…2cm
  • 水…1/2カップ
  • ご飯…丼2杯
  • 七味唐辛子…お好みで

作り方(調理時間:10分)

STEP1:玉ねぎを切る

玉ねぎは、縦に薄切りにします。

STEP2:さんまをほぐす

さんまの蒲焼き缶は、箸で身をほぐします。

STEP3:玉ねぎを加熱する

フライパンに水、酒、しょうゆ、しょうがチューブを入れて、中火で煮たたせたら、玉ねぎを入れて、2分くらい加熱します。

STEP4:さんまを入れる

さんまの蒲焼きを汁ごと加えます。

STEP5:卵で閉じる

卵を割りほぐし、全体に行き渡るように卵を流し入れ、火を強火にして30秒ほど加熱したら火を止めます。

完成!

丼にご飯を盛り、具をのせたら完成です。お好みで、七味唐辛子を振ってください。

作り方のコツ・注意点

さんまの蒲焼き缶は、味が濃いので、調味料は控えめにしましょう。

野菜は今回玉ねぎを使いましたが、冷蔵庫に残っている野菜で、美味しく作れます。

(image by 筆者)

このライフレシピを書いた人

編集部にリクエスト!

「こんなライフレシピがほしい」や「ここがわかりにくかった」などをお送りください。