1. 料理
    2. レモンでさっぱりといただく!鶏もも肉のねぎ塩レモンソテーの作り方

    暮らしの情報サイトnanapi 更新停止のお知らせ

    2019年6月30日(日)をもって更新を停止致します。詳しくはこちらをご確認ください。

    レモンでさっぱりといただく!鶏もも肉のねぎ塩レモンソテーの作り方

    鶏もも肉には色々な調理方法がありますが、ここではねぎとレモンをたっぷり使った「鶏もも肉のねぎ塩レモンソテー」の作り方をご紹介します。
    nanapi
    nanapi
    nanapi
    nanapi
    nanapinanapinanapinanapi

    鶏もも肉には色々な調理方法がありますが、ここではねぎとレモンをたっぷり使った「鶏もも肉のねぎ塩レモンソテー」の作り方をご紹介します。

    材料(4人分)

    • 鶏もも肉(鶏むね肉でも可)…3枚
    • 長ねぎ…2本
    • 生姜(チューブタイプでも可)…少々
    • レモン汁…大さじ4
    • 塩…小さじ1
    • こしょう…少々
    • 白ワイン(酒でも可)…50ml
    • オリーブオイル(サラダ油でも可)…大さじ1/2
    もも肉がおすすめ
    鶏むね肉でも同様の手順で作れますが、もも肉のほうが脂肪分が多くプリッとジューシーに仕上がるのでおすすめです。

    作り方(調理時間:20分)

    STEP1:ねぎ塩レモンだれを作る

    2本分の長ねぎの白い部分をみじん切りにします。

    あとで使うので、みじん切りにした長ねぎを大さじ1杯くらい別に取り分けておきましょう。

    残ったものに塩とこしょうを加えます。

    さらにレモン汁を入れてよく混ぜたら、ねぎ塩レモンだれの完成です。

    STEP2:鶏もも肉を切る

    鶏もも肉をひと口大に切り、軽く塩、こしょう(分量外)で下味をつけます。

    STEP3:鶏もも肉を焼く

    フライパンを温め、鶏もも肉の表面を強火でサッと焼きます。

    油はひかなくていいの?
    テフロン加工のフライパンであれば、油をひかなくても大丈夫です。鉄のフライパンであれば、油を少々ひいてください。

    白ワインを振りかけ、フタをして強火で5分ほど蒸し焼きにします。

    ボウルに取り出しておきます。

    この時点で、鶏もも肉に完全に火が通ってる必要はありません。

    STEP4:長ねぎと生姜を炒める

    フライパンにオリーブオイルを入れ、STEP1で取り分けておいた長ねぎと、千切りにした生姜を入れて弱火で1~2分ほど炒めます。

    STEP5:鶏もも肉とねぎ塩レモンだれをからめる

    STEP3で取り出しておいた鶏もも肉をフライパンに戻し入れます。

    STEP1のねぎ塩レモンだれをフライパンに入れます。

    長ねぎと鶏肉をからめるようにして、強火で 3~4分炒めます。

    STEP6:完成!

    お皿によそって出来上がりです。ご飯のお供やお酒のおつまみにもよく合います。

    美味しくするコツ

    軽く蒸し焼きにしたあとに、余熱で火を通します。その後、強火でサッと炒めることで鶏もも肉がふっくらと仕上がります。

    さらにねぎをもっと足しても美味しいです。さっぱりといただくことができますので、ぜひお試しください。

    (image by 筆者)
    (image by nanapi編集部)

    このライフレシピを書いた人

    Twitterで紹介!