\ フォローしてね /

「マジかよ…」恋の芽をつぶす!?男性がドン引きした女子の◯◯

「デートに行ったあとから音信不通になった」「いつも恋までたどりつかない」など、なかなか恋が発展せずに悩んでいる人はいませんか?どうせ私なんて魅力がないから…とひとりで勝手に落ち込んでいても何も始まりません。ひょっとすると、男性がドン引きしてしまう行動を知らぬ間にしているということも…?

そこで今回は、恋の芽をつぶしてしまう些細な言動をご紹介します!

恋の芽をつぶす!?男性がドン引きした女子の◯◯

金属がむき出しになったヒール

「ハイヒールは女の象徴」などと言われますが、いくらハイヒールとはいえ、金属がむき出しになったヒールでは女性らしくありません。歩くたびに金属が地面を叩いてカンカンと音が鳴るので、すぐにわかりますよね。

気づいていても修理に出さずに汚靴を履き続けるのは「だらしがない…」「貧相に見える」などと大不評。バレていないと思っているのは自分だけで、周りの人たちは気づいているものです。オシャレは足元から、という言葉の通り、素敵な足元を心がけたいところ。

ヒールの靴は傷がついていないか、汚れていないかなど、こまめにチェックするように習慣づけましょう。

毛玉のついた服

「まだ着られるし、いいよね…」「捨てるのはもったいないから…」などと理由をつけて、ぼろぼろの服を身にまとうのはナンセンスです。毛玉は心の貧しさの象徴。「自分が着るものだからいいや」などと思いがちですが、自分が着る服だからこそきちんとした服を選びましょう。自分を大切にしていない女性は、好きな人からも大切に扱われません。

毛玉のできやすいカーディガンやセーターは、「毛玉取り」を使ってこまめにクリーニングしましょう。

派手なメイク

せっかくの好きな人とのデート。気合いを入れすぎて「メイクがケバい…」と思われていることも。彼と近づくことを考えて、コンプレックスをカバーしようとついつい厚塗りにしがちですが、肌が呼吸できないような厚塗りファンデはおばさんくさいと思われてしまいます。

「隙」のないメイクは「好き」も生みません。色みを抑えたシンプルメイクに切り替えましょう。

キツすぎる香水

「ふわっとよい香りが漂う女の子」は素敵ですが、キツすぎる香水はまさに「香害」です。香水は、自分で感じている以上に周りに香っているもの。あとから足したワンプッシュのせいで「よい香り」から「クサい」に早変わりしてしまいます。

特に香りは人によって好き嫌いの差が強いもの。「少し足りないかな?」くらいの香りでちょうどよさそうです。

すれ違いざまに香るというのはつけすぎです。至近距離にいる彼だからこそわかるほのかな香り。そんな粋な香水の付け方を目指しましょう。

大きすぎる鞄

大きすぎる鞄は「家出でもしてきたの!?」と男性を驚かせてしまいます。なんでも入るようなボリュームサイズの鞄には、色気がありません。持ち歩かないと不安なアイテムがたくさんあるのはわかりますが、女らしさをアピールしたいのなら小さなポシェットを選ぶのが◎。

また、大きめの鞄は満員電車に乗るときにも周囲に迷惑です。日頃から、必要最低限のものしか持ち歩かないように心がけたいですね。

雑誌の付録についているエコバッグや安っぽいぺらぺらのサブバッグは近所へのお出かけなどに活用して、デートには本命鞄を使いましょう。

じゃらじゃらつけたパワーストーン

ひとつならまだしも、やたらとパワーストーンをじゃらじゃらとつけるのはお洒落でもなんでもありません。「呪い殺されそう…」「変な宗教に勧誘されそう」など、あらぬ心配をかけてしまう可能性も。

もともと、占いにのめり込んでいる女性は男性からしたらドン引き要素そのもの。魔除け、幸せな恋愛、叶えたい夢…願いがたくさんあるのはわかりますが、はめるならひとつに絞りましょう。

「そのブレスレットなに?」と聞かれても、パワーストーンの効能を熱心に説明しすぎないように気をつけましょう。

「清潔感」が何より大事!

ドン引きされないためには、わかりやすい「清潔感」をアピールすることが大切です。服や靴を綺麗に保ち、メイクや香りも控えめに挑みたいところ。また、バッグやパワーストーンなども「コンパクト感」と「スマート感」を心がけることで、恋に発展するレディーに近づけるかもしれません。

(image by amanaimages1 2 3 4 5 6)
(image by 足成)

このライフレシピを書いた人

編集部にリクエスト!

「こんなライフレシピがほしい」や「ここがわかりにくかった」などをお送りください。