\ フォローしてね /

土用の丑の日を洋風に!うなぎでライスカナッペを作る方法

うなぎといえば蒲焼を白いご飯の上にのせていただくのが定番ですが、ここでは洋風にアレンジした、うなぎカナッペの紹介です。

カナッペといえばパンやクラッカーで作りますが、ご飯を薄く伸ばして作りました!

難しそうに見えますが、とても簡単に作れますよ。和の具材とのコラボをお楽しみください!

材料(3人分)

  • うなぎ・・・ハーフタイプ
  • 付属のウナギのタレ・・・1袋
  • 白いご飯・・・茶碗1杯(多め)
  • レタス・・・葉一枚
  • マヨネーズ・・・適量
  • サラダ油・・・小さじ1
  • レモン・・・幅1cm

道具

  • サランラップ
  • 麺棒

作り方(調理時間:15分)

STEP1:ご飯を薄く伸ばす

ラップを大きめに切り、ご飯を敷いてラップで包みます。

麺棒で厚さが均等になるように伸ばし、大体1~1.5cmくらいの大きさにします。

STEP2:焼く

フライパンにサラダ油を熱し、STEP1を中火で焼きます。1分くらいしたらひっくり返し、付属のうなぎのタレを全体に塗り、ひっくり返します。

うなぎのタレは仕上げにも少し使いますので、残しておきましょう。

ひっくり返し、中火で30秒ほど待ちます。

再びひっくり返し、焦げ目がうっすらついたら火を止めます。

STEP3:ご飯を切る

STEP2を四角く切ります。ここでは9等分しました。

STEP4:ウナギとレモンを切る

うなぎはご飯の上に乗るサイズに切りましょう。

レモンは薄切りにし、うなぎの上にのるくらいの大きさに切ります。

STEP4:レタスをのせる

STEP3を器に盛り付け、ちぎったレタスをのせます。

STEP5:うなぎをのせる

STEP4の上にウナギをのせます。

STEP6:飾り付けて完成!

STEP5にマヨネーズをかけ、レモンを飾り、仕上げに付属のタレを散らすようにかけます。完成です!

作り方のコツ

ご飯を焼いて焦げ目を付けるときは、火が強いほうが、パリッと仕上がります。

ぜひお試しくださいませ!

(image by 筆者)

このライフレシピを書いた人

編集部にリクエスト!

「こんなライフレシピがほしい」や「ここがわかりにくかった」などをお送りください。