\ フォローしてね /

浴衣でモテヘア!美容師おすすめの雰囲気別・浴衣に似合うヘアアレンジ

花火大会だったりちょっとしたイベントだったり、夏になにかと出番が多い浴衣。「ふだんと違う雰囲気にドキドキする」「いつもより優しく接してあげたくなる」と言う男性はとても多く、浴衣のモテパワーのすごさを思い知らされます。

そして浴衣と一緒にコーディネートすれば、ますます女性らしい魅力をアップさせてくれるのがヘアスタイルです。浴衣とヘアアレンジの両方でいつもと違う一面を見せて、好きな人のハートをわしづかみにしちゃいましょう。

ここでは「かわいい系」「ナチュラル系」「セクシー系」のなりたいイメージ別に、おすすめの浴衣の色と浴衣に合うヘアアレンジをご紹介します。メイクについても触れていますので、トータルで参考になりますよ!

一部洋服で撮影している写真がありますが、どれも浴衣にばっちり合うスタイルです。写真を美容師に見せて、カウンセリングに役立ててくださいね。
本記事の画像は、Rasysa(らしさ)の許諾のもとに掲載されています。

かわいい系のモテアレンジ

かわいい感じが好きな人は、ピンクや水色などのパステルカラーの浴衣でコーディネートすればキュートさ満点です。

メイクはシンプルにまつげとリップだけ強調するようにして、チークはピンクやレッドを頬の高いところに丸く入れましょう。

カチューシャを使ったショートアレンジ

(image by「Secret」)

  • できる長さ:ショートからショートボブ

編みこみも難しそうな長さなら、カチューシャを使って顔周りにアクセントをつければ浴衣に合うスタイルになります。

写真のようなシンプルなカチューシャでもいいですし、ラインストーンや光沢のある素材のもので存在感を出してもいいですね。

前髪を編み込んだダウンスタイル

(image by「CARE AOYAMA」)

  • できる長さ:長めのショートからミディアム

ボブくらいの長さがあれば、全体を巻いて顔周りを編み込めば手のこんだアレンジになります。編むときにきっちりタイトにしてしまうと昭和っぽくなってしまうので、ソフトに編んで、指で毛束を引き出しましょう。

シンプルヘアもコサージュで豪華に

(image by「Y.S PARK AOYAMA」)

  • できる長さ:長めのショートからミディアム

特に手の込んだアレンジをしなくても、アイロンで巻いてコサージュを付ければ、十分デート用のヘアスタイルになります。コサージュを付けるときは、写真のようにサイドを軽く編み込んでから付けると安定しやすくなります。

ポイント高めのサイドアップ

(image by「STYLE INDEX 池袋店」)

  • できる長さ:長めのミディアムからロング

サイドアップでも、上の方でまとめるとこんなにかわいい印象になります。斜めに流した前髪や顔周りにたらした髪のおかげで、大人っぽさもあり、ほどよい女性らしさです。

ふわふわボリュームのキュートなスタイル

(image by「hair&make Sawa 上田本店」)

  • できる長さ:長めのミディアムからロング

「派手めが好き」という人にはこんなボリュームのあるスタイルがおすすめです。顔まわりの編みこみが大きいので、小顔効果もありそうです。逆毛を立てすぎて毛束を散らすと古い感じのスタイルになってしまうので、カール感とツヤ感を残しながらフワフワさせましょう。

ナチュラル系のモテアレンジ

ナチュラルな雰囲気が好きな人は、浴衣は色味がおだやかで、柄が小さいやわらかい印象のものを選ぶようにしましょう。

メイクはかわいい系と同じでまつげとリップを強調し、チークは火照ったら赤くなるところに、ピンクやオレンジを楕円系に入れましょう。

ショートボブのアシンメトリーアレンジ

(image by「PLACE IN THE SUN」)

  • できる長さ:長めのショートからミディアム

アップにできる長さがないときは、どちらかのサイドをすっきりさせれば浴衣に合うヘアスタイルになります。すっきりさせるには耳にかけるだけでもいいですが、耳後ろまで編み込めればもっと凝ったアレンジになります。

編み込みだけでも十分おしゃれなので、コサージュなどがないときにも使えるアレンジですね。

顔まわりを編み込んだダウンスタイル

(image by「NATURA」)

  • できる長さ:ショートボブからミディアム

おでこを出すことに抵抗がない人なら、前髪を大きく編んで花かんむりみたいにすると、ダウンスタイルでも華やかな印象になります。全体をアイロンでスパイラル状に巻いているので、カールが無造作になっておしゃれですね。

短めヘアでもできるアップアレンジ

(image by「WILL bossa」)

  • できる長さ:短めのミディアムからロング

短めのボブでも、えりあしが6cmあればアップにできます。ただ短いとサイドのボリュームが物足りなくなってしまうことがあるので、そのときは写真のようにトップにボリュームを出せば、ふんわり華やかな印象になります。

編みこみミックスのルーズなアレンジ

(image by「beyond-“E”」)

  • できる長さ:長めのミディアムからロング

あまりアップ感を出したくないときは、このようなナチュラルなアップスタイルもおすすめです。トップを大きく編みこんで、それ以外の毛はねじってルーズにとめています。

トップの毛を大きく引き出しているので、高さが出ていて好バランスです。前髪がふんわりしていてかわいいですね。

コロンとした毛束がかわいいサイドアップ

(image by「BiBi international」)

  • できる長さ:長めのミディアムからロング

髪を小分けにしながらカールを付けてまとめたスタイルです。耳の後ろで毛束をまとめているので、落ち着いた浴衣にぴったり合っていますね。

もう少し華やかにしたいときは編みこみをサイドにプラスするなど、細かいアレンジを楽しめるスタイルです。

セクシー系のモテアレンジ

色っぽくしたい人はモノトーンやラベンダーなどの大人っぽい浴衣を選んで、しっとりまとめましょう。

メイクはアイラインとまつ毛を強調し、チークはオレンジ系を細長い円状に頬骨の下に入れます。リップは色味が強くないベージュやクリアがおすすめです。

涼しげで色っぽいサイドアップ

(image by「PLAISIR」)

  • できる長さ:長めのミディアムからロング

長めの前髪を流して、耳の後ろで毛束をまとめているので、清楚なのに色っぽいスタイルになっています。どことなく品があるのは、トップにボリュームを出しているからですね。

大人っぽくまとめたいときは、コサージュを同系色にするときれいにまとまります。

色気たっぷりのねえさんスタイル

(image by「PLAISIR」)

  • できる長さ:長めのミディアムからロング

クラシカルな和服ヘアで、白や黒などの色っぽい着物を着るときに、とてもしっくりきます。こういった夜会巻きベースのアップは中途半端なボリューうだとかっこ悪いので、写真のように奥行きと高さをしっかり出しましょう。

おでこを出したかっこいいスタイル

(image by 「BiBi international」)

  • できる長さ:長めのミディアムからロング

おでこを出しているのですっきりしていますが、顔まわりにたらした髪と後ろのツヤのあるカール感とで、色っぽさもあります。前髪はポンパドールにして上げ、思い切って高さを出すと、かっこいい色気のある雰囲気になりますよ。

フェミニンなハーフアップ

(image by「ミンクス 銀座店」)

  • できる長さ:長めのミディアムからロング

「すっきりしすぎてしまうのはちょっと……」「髪が肩に触れている方が落ち着く」という人には、ハーフアップがおすすめです。

このようにサイドに髪をまとめて下ろすと、とても色っぽいですし、小顔効果もあります。お好みでトップにもう少し高さを出しても、さらにメリハリがついてすっきりした印象になるのでおすすめです。

これで好きな人を釘付けに!

ここでご紹介した浴衣とヘアメイクで登場すれば、意中の彼はドキドキが止まらないはずです!

どれも挑戦しやすいやすいスタイルなので、気になるものがあったらぜひやってみてくださいね。

画像提供:Rasysa(らしさ)

今回ヘアスタイルの画像を提供してくださったのは、「美容室&ヘアスタイル情報サイト Rasysa(らしさ)」さんです。サロン情報やヘアスタイルをはじめとする、多彩なコンテンツであなた“らしさ”をサポートしてくれる美容の情報が満載のサイトです。

もちろん大人の女性や男性向けのヘアスタイル、その他おもしろい特集記事なども随時更新されています。ヘアスタイルや美容室を決めるのに困ったときは、ぜひのぞいてみてくださいね。

(image by amanaimages)

このライフレシピを書いた人
このライフレシピに関係するタグ

編集部にリクエスト!

「こんなライフレシピがほしい」や「ここがわかりにくかった」などをお送りください。