1. 趣味
    2. 汚れやすいマットを清潔に!1分でできるヨガマットの手入れ方法

    暮らしの情報サイトnanapi 更新停止のお知らせ

    2019年6月30日(日)をもって更新を停止致します。詳しくはこちらをご確認ください。

    汚れやすいマットを清潔に!1分でできるヨガマットの手入れ方法

    家にヨガマットを保管している方、汗や、ホコリをそのままにしていませんか?

    意外にも、手垢やホコリがつきやすいヨガマット。清潔に保管する方法を紹介します。

    ヨガマットを清潔に使おう

    ヨガマットは、意外と汚れがつきやすいです。

    • 手のひら、足などから出る汗
    • 顔のメイク(ファンデーションなど)
    • 床にたまっているホコリ、髪の毛

    直接肌に触れるヨガマットに、こんな汚れがついていたら嫌ですよね。せっかくヨガをしよう!と思っても、モチベーションが下がってしまいます。

    そこで、毎回1分でできる、簡単なヨガマットお手入れ方法を紹介します。

    1分でOK!使ったら、すぐに拭き取ろう

    ヨガマットを清潔に保つには、毎回使った後にさっと手入れをするのが一番です。時間は、わずか1分ほどで済みます。

    油性の汚れは時間が経つと落ちにくくなることもあるので、使った後にすぐ拭き取るのが一番です。

    1:ウェットティッシュで拭き取る方法

    市販のウェットティッシュを使って、マット全体をまんべんなく拭き取ります。一番手軽な方法です。

    2:アロマ入りの清浄スプレーを使って拭き取る方法

    ヨガマットを清潔にするためのスプレーが、ヨガ用品メーカーから販売されています。ささっとスプレーを吹きかけて、ウェットティッシュ・布で拭き取りましょう。

    アロマのほんのり良い香りに包まれながら拭き取ると、気持ちまでスッキリします。

    無水エタノール・水(1:1程度の割合)に、お好みのアロマ精油を数滴混ぜて、自分で作ることもできます。

    汚れがあまりにもひどい時は、水洗いもできます。ヨガマットの素材によっては、水分がしみ込むため、しっかりと干して乾燥させましょう。

    最後に丸めて、ほこりがつかない場所へ保管

    きれいに拭き取ったら、ヨガマットは丸めておきましょう。表面に汚れがつくのを防ぎます。変に折り目をつけると、型くずれやシワの原因になります。丁寧に丸めましょう。

    また、保管している間もホコリがたまりやすいので、ヨガマットケースに入れたり、ホコリの入らない棚に収納すると、清潔に保管できます。

    いつでも気持ち良くヨガができるように、ヨガマットも大事に扱いましょう!

    (image by amanaimages)

    このライフレシピを書いた人