1. 料理
    2. 暑いときでもさっぱりといただける!冷奴丼の作り方

    暮らしの情報サイトnanapi 更新停止のお知らせ

    2019年6月30日(日)をもって更新を停止致します。詳しくはこちらをご確認ください。

    暑いときでもさっぱりといただける!冷奴丼の作り方

    暑い日が続くと、ご飯のメニューを考えるのもおっくうですが、ここでは、火を使わずに簡単に作ることができて、さっぱりといただける、冷奴を使った丼の作り方をご紹介します。

    材料(1人分)

    • 絹ごし豆腐:1人分
    • ミョウガ:1個
    • 小ねぎ:1/2本
    • オクラ:2個
    • 焼き海苔:1/4枚くらい
    • かつお節:適量
    • シラス:大さじ1程度
    • 醤油:適量
    • ごはん:1人分
    • 生姜(チューブ):適量
    • 塩:小さじ1程度

    絹ごし豆腐は、1人分でパックされているもので、1/8丁くらいの大きさのものを使いました。

    作り方(調理時間:15分)

    STEP1:豆腐の水抜きをする

    豆腐をパックから出して、お皿などの重しをして10分ほど置き、水抜きをします。

    STEP2:ミョウガと小ねぎを切る

    ミョウガと小ねぎをみじん切りにします。

    STEP3:オクラを下ごしらえする

    オクラに塩をまぶし、まな板の上で手のひらで転がします(板ずり)。

    塩を水で流して、小口切りにします。

    STEP4:盛り付ける

    丼に、ご飯をよそります。

    海苔を細かくちぎって散らします。

    かつおぶしを振りかけます。

    適当な大きさに切った豆腐を乗せます。

    オクラ、ミョウガ、小ねぎ、かつおぶしを、きれいに乗せます。

    STEP5:出来上がり

    シラスと生姜を乗せ、醤油をまわしかけて出来上がりです。

    作り方のコツ・注意点

    豆腐は、軽くで構わないので水切りをした方が、べしゃっとせずに美味しくいただけます。

    おわりに

    乗せる具材は、お好みで量を加減してください。ポン酢しょうゆや、食べるラー油を使っても、美味しくいただけます。暑くてメニューが思い浮かばないときの一品に、是非、試してみてください。

    (image by 筆者)

    このライフレシピを書いた人