\ フォローしてね /

料理研究家が教える、日本で一番ベーシックなパンケーキレシピ

おしゃれスイーツの代表格ともいえるパンケーキですが、いざ家で作ろうとするとうまくいかなかったりするんですよね。

そこで今回は、料理研究家・五十嵐ゆかりが教える日本で一番ベーシックなパンケーキレシピをご紹介します。

材料(2人分・約6枚分)

  • (A)薄力粉・・・・・・・100g
  • (A)ベーキングパウダー・小さじ1
  • (A)砂糖・・・・・・・・大さじ1と1/2
  • 卵・・・・・・・・・1個
  • 牛乳・・・・・・・・100cc
  • バター・・・・・・・15g
バターが無い場合はサラダ油大さじ1を代わりに使用し、さらに(A)の材料に塩ひとつまみを加えましょう。

作り方

STEP1:薄力粉、ベーキングパウダー、砂糖を混ぜる

生地をつくります。ボウルに(A)を入れ、泡立て器で混ぜます。

STEP2:別のボウルで卵を溶きほぐす

別のボウルに卵を割り入れ、溶きほぐします。

STEP3:牛乳を加えて混ぜる

STEP2に牛乳を加えて混ぜます。

STEP4:ボウルの中身を混ぜ合わせる

STEP3をSTEP1のボウルに少しずつ加えて混ぜます。

生地を混ぜすぎるとパンケーキがかたくなるので注意しましょう。

STEP5:バターを溶かし、加えて混ぜる

バターを耐熱容器に入れて500Wのレンジで30秒程加熱して溶かしたら、STEP4に加えて混ぜます。

生地にバターを入れることで香りが良くなり、ふんわりとした食感になります。

STEP6:フライパンを強めの弱火にかける

生地を焼きます。まず、フライパンを強めの弱火にかけてあたためましょう。

弱火は炎の先端が、ガスコンロの穴とフライパンの底との中間にある状態です。これよりやや強めの火加減で焼いて下さい。

STEP7:ぬれ布巾の上にフライパンを置く

ぬれ布巾の上に、フライパンの底がつくように置きます。

ぬれ布巾の上に置くことで、熱が均等に行き渡りやすくなります。

STEP8:おたま1杯分を流し入れる

おたま1杯分の生地をフライパンに流し入れます。

テフロン加工のフライパンを使用する場合は、油は引かなくてOKです。鉄のフライパンを使用する場合は、サラダ油を薄く引いてください。

STEP9:蓋をし、強めの弱火で1分ほど蒸焼きする

蓋をして、生地の表面にふつふつと穴があいてくるまで、強めの弱火で1分程蒸し焼きします。

蓋をすることで、生地の乾燥を防ぎます。

STEP10:裏返し、30秒〜1分程焼く

フライ返しで裏返して、30秒〜1分程焼いて火を通します。

STEP11:焼き終わるごとにぬれ布巾の上にフライパンを置く

1枚焼くごとにぬれ布巾の上にフライパンを置いてから、残りの生地もSTEP8~STEP10と同様に焼きます。

焼くたびにフライパンを置くことで、熱が均等に行き渡りやすくなり、焼きムラができるのを防げます。

盛りつけて完成!

器に盛り、お好みのトッピング(バター、はちみつなど)をかけて完成です。

(image by 筆者)

このライフレシピを書いた人

編集部にリクエスト!

「こんなライフレシピがほしい」や「ここがわかりにくかった」などをお送りください。