\ フォローしてね /

老舗の味を自宅で再現!ふわとろたまごの親子丼レシピ

このライフレシピのもくじたたむ

わりと愛され度が高めの家庭料理でもある「親子丼」。しかし、なんとなく手順は想像できるものの、ちゃんとした作り方について知っている人は少ないかもしれません。

この記事では、料理研究家・五十嵐ゆかりがプロ並の味わいになる究極の親子丼レシピをご紹介します。

材料(2人分)

  • 卵・・・・・・・・・・・・・2個
  • 鶏むね肉・・・・・・・・・・150g
  • しょうゆ・・・・・・・・・・小さじ1
  • 玉ねぎ・・・・・・・・・・・1/2個
  • 三つ葉・・・・・・・・・・・5g
  • (A)だし汁・・・・・・・・・・100cc
昆布やかつお節がなければ、水100cc+だしの素(小さじ1/2)でOKです。
  • (A)しょうゆ・・・・・・・・・大さじ1
  • (A)砂糖・・・・・・・・・・・大さじ1
  • (A)酒・・・・・・・・・・・・大さじ1

ごはん

  • 米・・・・・・・・・・・・・2合(180cc)
  • 水・・・・・・・・・・・・・2合分
もしくは、ごはん300gを用意してください。

だし

  • 水・・・・・・・・・・・1000cc
  • 昆布・・・・・・・・・・10g
  • かつお節・・・・・・・・20g

作り方

STEP1:米を研ぐ

ご飯を炊きましょう。まずは米を研ぎます。

STEP2:米の水気を切る

STEP1の水気を切ります。

STEP3:炊飯器に米、水を入れて30分おく

炊飯器に米と水を入れて30分おいておきます。

STEP4:STEP3を炊く

STEP3を炊飯器に入れ、炊きます。

STEP5:STEP4をしゃもじでさっくり混ぜる

STEP4をしゃもじでさっくりと混ぜます。

炊きあがりは上のごはんと下のごはんで水分量が異なります。混ぜて水分を均等にしましょう。

STEP6:昆布の汚れを拭きとる

次にだしをとります。

まずは布巾を水で濡らし、かたく絞ります。そして昆布の汚れを拭き取ります。

布巾がなければ、水で濡らして絞ったキッチンペーパーでもOKです。

STEP7:昆布にキッチンバサミで切り込みを入れる

キッチンバサミを使って、昆布に切り込みを入れます。

切り込みを入れると、だしが出やすくなります。

STEP8:鍋に水、昆布を入れ、1時間おく

鍋に水と昆布を入れて、1時間ほどおいておきます。

1時間おくことでだしが出やすくなります。

STEP9:STEP8を中火にかける

鍋を中火にかけ、ふつふつと泡が出てきたら昆布を取り出します。

昆布をぐつぐつ煮るとぬめりがでてしまいます。ふつふつと泡が出てきたら取り出しましょう。

STEP10:かつお節を加えてそのまま2分おく

かつお節を加えてそのまま2分おきます。

2分おくことで、かつお節のうま味が水に移ります。

STEP11:STEP10でとれただし汁をこす

ボウルにザルを重ね、キッチンペーパーをのせてSTEP10でとれただし汁をこします。

STEP12:キッチンペーパーを軽く押さえ、だし汁を絞る

キッチンペーパーを軽く押さえて、だし汁を絞ります。

ぎゅっと強く押すとかつお節のえぐみがでてしまうため、軽く押さえる程度でOK。

STEP13:玉ねぎを薄切りする

玉ねぎを薄切りにします。

薄切りすることで、火を通しやすくします。

STEP14:三つ葉を3cm幅に切る

三つ葉は3cm幅に切ります。

STEP15:鶏むね肉をそぎ切りにする

鶏肉の下準備をします。鶏むね肉を繊維を断つようにそぎ切りにします。

繊維を断つようにそぎ切りすることで、パサつきにくくなります。

STEP16:鶏むね肉にしょうゆで下味をつける

STEP15の鶏むね肉に、しょうゆで下味をつけます。

しょうゆで下味をつけることで、鶏肉のおいしさを引き立てます。新鮮なしょうゆを使うと臭み消しにもなります。

STEP17:(A)を中火にかけ、玉ねぎを加えてひと煮立ちさる

用意した具材を煮ていきましょう。鍋に(A)を入れて中火にかけ、煮立ったら玉ねぎを加えてひと煮立ちさせます。

鶏肉を加えてさらに煮るので、ここではあまり火を通さなくてOKです。

STEP18:鶏むね肉を加え、火が通るまで2分程煮る

鶏むね肉を加えて、火が通るまで2分程煮ます。

STEP19:卵を溶きほぐし、中心からまわし入れる

卵を溶きほぐして、STEP18に中心からまわし入れます。

まわし入れたら菜箸でつついて、卵を均等に広げて下さい。中心部分からまわし入れると、均等に火が通りやすくなります。

STEP20:三つ葉を散らす

STEP19の上に三つ葉を散らします。

STEP21:蓋をして30秒ほど加熱する

蓋をして、30秒ほど加熱をします。

火を通し過ぎないよう、半熟に仕上げます。

STEP22:そのまま30秒ほど蒸らす

蓋をしたまま30秒ほど蒸らします。

蒸らすことでちょうど良い半熟の状態にします。かための卵が好みの方は、1分ほど蒸らしてください。

盛りつけて完成!

器にごはんを盛り、STEP22をのせたら完成です。

(image by 筆者)

このライフレシピを書いた人
Banner line

編集部にリクエスト!

「こんなライフレシピがほしい」や「ここがわかりにくかった」などをお送りください。